MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

マニアな小ネタの世界 第31回~駅で見つけた気持ち悪い虫~

11月10日 金曜日 マニアな小ネタの世界第31回

 

こんばんは。

今夜はグロテスクな写真を撮りましたので【閲覧注意】です。虫が苦手な方は、最後まで見ないようにしてくださいね。

 

f:id:Masa_S:20171105103050p:plain

ひとえに「虫」と言っても、子どもたちの憧れ、カブトムシもいれば、色鮮やかなテントウムシもいます。かたや、害虫や、害は無くとも見た目がキモい虫もいます。

 

だいたい、子どものうちはあまり気にしないのに、大人になると虫が嫌いになる、というのはよくあることで、わたしもその一人です。その理由は諸説言われていますね。子どもは知識が無く好奇心旺盛だから、大人は動物と異なる動きをする生きものに嫌悪感を抱くから、大人になると虫に接する機会が減るから、等々。「虫唾が走る」という言葉もありますが、虫というものはあまり良い印象を持たれないのは昔からのようです。

ちなみにわたしは、自然豊かな場所で生まれ育っただけに、小さい頃は虫を手に取り遊んでいましたし、カブトムシやクワガタを捕まえるのも苦労しませんでしたが、ムカデに2度襲撃されて以来、虫というものに嫌悪感を抱くようになりました。毎年6月頃から寒くなるまで、年間に20匹程度はムカデを見る場所でしたから、噛まれた回数は少ないですが、あの見た目と動きの気持ち悪さはトラウマものです。

 

話は逸れていますが、虫でも美しいものもたくさんいます。

実は先日、埼玉県某所の駅で、スーツについた虫を払い落とし、あまり見かけないその姿に興味を持ちました。ハイ、写真です。虫嫌いな方、見ないでください。

 

f:id:Masa_S:20171105104626j:plain

ピンボケすみません。払い落としたときは羽根を広げています。ただ、外側の羽根は無数の斑点が広がっており、こういうのは初めて見ました。

f:id:Masa_S:20171105104736j:plain

やがて体勢を整えた虫、う~ん・・・やはり綺麗というよりは気持ち悪い。サイズは4~5センチ程度でしょうか。なんだかちょっとウニにも似ている気がします。

 

ただ、美しいものには毒がある・・・とよく言われるので、触るのはやめて写真だけ撮影し、あとは家で調べることにしました。

結果、その正体は「ビロードハマキ」とい蛾の一種だそうです。どうやら毒は持っていないようで、一瞬でも触れたわたしは安心しましたが、やはりあまり気持ち良いものではありません。ただ、ビロードと名がつくとおり、美しい生き物の一つのようです。

都心でも見られるようになったそうで、またお目にかかることもあるかもしれません。

 

いずれにせよ、わたしは虫、苦手です。