MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 10月14日~10月20日

10月21日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

台風接近による大荒れの週末~週明けになりそうですね。この時期として異例の寒さの次は、超大型台風、健康や安全にくれぐれも注意してください。

 

■「まんだらけ中野ブロードウェイに新形態店」(みんなの経済新聞 2017年10月20日)

マニアにとって魅力たっぷりのまんだらけは、北は札幌から南は福岡まで展開しています。本店である中野は、中野ブロードウェイにありますが、その4階に新形態店舗を開設したそうです。その名も「まんだらけ なんや」。

同施設内全店のジャンルとその他のジャンルの商品が扱われるこの店舗は、なんと値札無しだそうで、店員さんと価格交渉して交渉成立すれば購入できるのがウリだとか。店舗スタッフは各ジャンルの店舗から日替わりで入るそうですから、専門の人がいる日に出向くのが良いのか、いないときを狙い撃ちするのが良いのか、そういった駆け引きも楽しめそうなお店ですね。ぜひ一度行ってみたいものです。

 

■「裸足でお願いします 福岡に『砂浜バー』」(西日本新聞 2017年10月19日)

いつでもリゾート気分を満喫できる「砂浜ダイニングバー シェイプビーチ福岡店」のドレスコードは、なんと「裸足」なのだそうです。床一面には真っ白な砂が敷き詰められ、その砂はなんとベトナムのリゾート地ダナンからのものと言うから、本格的なリゾート気分が味わえそうですね。気軽に行けない海外リゾート気分を味わえるとあって、特に若い女性を中心に人気を博しているのだとか。

福岡市は中央区大名にお店はあるそうですが、中洲や天神から入った大名や赤坂あたりにも、とても良い雰囲気の店舗がいくつかありますよね。

 

■「NTTのマンホール蓋、50年ぶり新デザイン」(SankeiBiz 2017年10月19日)

普段は気にも留めないマンホールですが、一部マニアの間では”ご当地”絵柄のマンホールを求めて歩いたり、マンホールカードを収集したりと、人気が沸騰しています。

それには当たらない、普通のマンホールも、来年から新デザインに改められるそうです。新デザインは円形蓋の表面に四角形と六角形を組み合わせた突起を配置することで、摩耗原因となる砂を排出しやすいデザインとし、突起上段の四角形がすり減って六角形模様が浮き出れば交換時期と、目視で判断しやすいなどの利点があります。

個人的には、雨や雪でも滑りにくくなるのではないか、と期待もしていますが、実際のところどうなのでしょうか。新デザインのマンホール、少し気に留めてみます。

 

■「なぜベテラン女性アナ重用?」(NEWSポストセブン 2017年10月15日)

人気女子アナと言えば、若くて美貌というのが一昔前の傾向でしたが、ここ最近は事情が違うようです。2016年末の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン)では、ベスト10すべてが30代以上と、その傾向は如実に表れています。

なぜそうなったかについては、記事本編を読んでいただければ様々な理由を挙げて検証していますが、個人的にはやはり”タレント化”の反動だろうと思っています。

芸能もバラエティもニュースも、とマルチな才能を発揮する若い女子アナが一時期人気でしたが、あるベテランアナウンサーが「わたしは”女子アナ”ではなく”アナウンサー”だ」と言ったという話があるほど、やはり職業への誇り高きアナウンサーもいます。その道をしっかり極めた人は、安定感、安心感があり、ピンチにも適切に対応できますから、落ち着いて見ていられます。

 

■「どこで泳いでいたの? 青緑色のカワハギ水揚げ」(紀伊民法 2017年10月19日)

和歌山県みなべ町堺の堺漁港で18日、珍しい青緑色のカワハギが水揚げされました。刺し網に掛かったカワハギは、なんと青緑色です。一般的には茶褐色ですから、地元の関係者たちも「初めて見た」と驚いたとか。

色が変わっている理由について、専門家は泳いでいる場所を指摘しています。泥地や岩場を泳ぐことが多いカワハギは、その色に合わせて保護色または擬態で茶褐色になりやすく、この青緑色カワハギは藻が多い場所を泳いでいたのだろう、という指摘です。

刺し網を仕掛けた場所は藻が多い場所だったのでしょうか?もしそうなら、もう少し青緑色のカワハギがいても良さそうな気もします。ソウシハギなど、毒のあるカワハギもいますから、個人的には変わった色の魚はあまり食べたくないですが・・・。ちなみにこの青緑色のカワハギは、地元の魚屋さんが競り落としたそうです。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。