MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】東京モーターショー企画 DAIHATSU/SUZUKIへの想い

10月13日 金曜日 【特集】

 

こんばんは。

今週4回にわたり組んできました「東京モーターショー2017」直前の【特集】。最終回の今夜は軽自動車・小型車メーカーである、ダイハツ工業株式会社とスズキ株式会社です。どちらも毎回楽しいクルマを出展してくれていますね。

 

バブルの頃もそうでしたが、景気が上向くと、軽自動車も遊びゴコロ満載になります。たとえば軽オープンで話題になった「ビート(ホンダ)」カプチーノ(スズキ)」 AZ-1マツダ)」などはご記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

今や軽自動車はさらにシェアが高まっていますが、バブルの頃よりも技術的に進歩し、日常ユースはもちろん、商用ユースからレジャーユースとその幅を広げています。まさに、かつての登録車にあったジャンルをそのままコンパクトにし、軽の世界で再現しているわけです。そんな軽の世界を彩るコンセプトカーの中で、わたしが見たいと思っているクルマをいくつかご紹介します。

 

ダイハツ「DN」シリーズはリアル?

ダイハツは、コンセプトカー5台に「DN」という共通ネームをつけていますね。

f:id:Masa_S:20171012201509p:plain

f:id:Masa_S:20171012201529p:plain

f:id:Masa_S:20171012201553p:plain

でもそのうち上記3台は、どれも既に街中を走っていても不思議ではないほどに、デザイン的に完成度が高いと思いませんか?クロスオーバー、SUV、そしてハイトワゴンと、まさに登録車の世界の縮図のようで、おそらく市販も視野に入れているのでしょう。他にもEV商用車のコンセプトカーなど、見て飽きない展示になりそうです。

 

■スズキはやはり日本のメーカー

一方のスズキはどうかと言えば、こちらも相変わらず遊びゴコロくすぐる展示車です。

f:id:Masa_S:20171012202218j:plain

なんだか昭和の時代のちょっとファニーなロボット君のようなデザイン。さすがにこのまま市販は無いでしょうが、かつてはマイティボーイなども販売した実績を持つスズキだけに、どれくらいリファインして出してくるのか楽しみです。

f:id:Masa_S:20171012202334j:plain

これは一部でワイド版ハスラーと噂されたクルマでしょうか?デザイン的には明らかにハスラーのDNAです。しかし、この「XBEE」(クロスビー)と銘打ったシリーズは数種類あり、この小型車ハスラーは数種類になるのかもしれません。

いずれにせよ、わたしがスズキに賛辞を贈りたいのは、「ワールドプレミア」が「ジャパンプレミア」よりはるかに多いことです。日本のメーカーでありながら、世界初出展は海外モーターショーということも少なくない昨今にあって、初お披露目をきちんと日本のモーターショーでしてくれるのは嬉しいものです。もっとも、軽自動車というジャンルが日本国内向けだから、と言われればそれまでですがね。

 

以上、【特集】でした。明日からは通常盤に戻ります。よろしければ変わらずお読みいただければ幸いです。