MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

小さな旅 第25回~広島の旅~

10月12日 木曜日 小さな旅第25回

 

こんばんは。

更新が遅れてしまいました。

 

さて、今夜の小さな旅は、関東を飛び出します。先日、出張で出向いた広島市は、わたしにとって実に3年ぶりでしたが、駅前もかなり再開発されていて驚きました。

 

地元の方とお話すると、広島カープの連覇とマツダの好調さが、広島という街全体を活気づかせているのだろう、とのこと。たしかに夜の流川や薬研堀あたりも、人がかつてより多く出ていた印象です。理由は何であれ、賑わうことは悪くありません。

f:id:Masa_S:20171012195037j:plain

広島駅を出るとすぐに目に付くのは、やはり広島電鉄の市電です。知らぬ間に新型車両も投入されたようで、新旧ツーショットを撮影しました。何か尋ねようと制服姿の職員の方に話し掛けると、とても気さくに広島弁で答えてくれるあたり、地方都市ならではの温かみは今も健在といったところです。

 

f:id:Masa_S:20171012195133j:plain

f:id:Masa_S:20171012195209j:plain

わたしは市電に乗らず、平和記念公園まで歩きましたが、ちょうどよい運動になります。そして平和記念公園に入ると、洋の東西を問わず、また老若男女問わず、深い祈りを捧げていました。写真では見づらいでしょうが、碑にはこう刻まれています。

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

そうですよね。戦争がいかに無意味で、いかに悲惨なものかを知りながら、歴史において幾度も繰り返されるのを見ると、人間の愚かさを思い知らされます。原爆という極めて酷い惨事に遭った唯一の被爆国である日本は、戦争の悲惨さを身をもって知り、戦後長きにわたり平和国家として歩んできたわけですから、今後もこの平和と繁栄が続くよう今一度こうした想いを胸に刻むことが大切な時期なのかもしれません。

 

そしてここで「忘れない3・11」に通じることですが、人間は時間とともに記憶が風化する生き物です。戦争という人災も、地震津波という天災も、我々に与えた過酷な試練という点で、本来は忘れてはいけないことですが、悲しいかな、忘れてしまいがちです。しかし、少なくとも、今ある「平凡な日々」がいかに尊いもので、いかに幸せであるのかということを、わたしは忘れないでおこうと思っています。これが、今月の「忘れない3・11」テーマに共通する想いです。

 

さて、さすがにしばらく歩くとお腹が減ります。お好み焼きや牡蠣のお店などはガイドブックにお任せするとして、わたしが好きなパン屋さんを一軒ご紹介します。

平和記念公園を出て本安橋を渡り、本通りに入ると最初の十字路(右手前にフタバ書店)を左折します。すると右斜め前方(小さな通りの角)にそのパン屋さんがあります。その名も「ワンコインベーカリー」。ほとんどのパンが108円(税込)で、種類もそれなりに豊富ですし、素朴で美味しいんです。わたしは高速バスや新幹線に乗る前は、ここでパンを買っていました。今回は「広島 珈琲あんぱん」なる商品を買ってみました。その名のとおりです、お勧めです!

f:id:Masa_S:20171012195305j:plain

 

最後になりますが、明日もまた平和な普通の日常が続くことを祈ります。

f:id:Masa_S:20171012195415j:plain