MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

マニアな小ネタの世界 第25回~47位で何が悪い!~

9月22日 金曜日 マニアな小ネタの世界第25回

 

こんばんは。

今夜の「マニアな小ネタの世界」は、47位を探そう、という企画です。よく、「栄えある第1位に輝いたのは!」的な都道府県ランキングありますよね。でも、ベストがあればワーストだってあるのが世の常です。中途半端に45位あたりに甘んじるより、いっそのこと47位というのは潔くて良いかもしれません。

何の役にも立たない、雑学にもならないネタですが、小ネタとしてどうぞ。

 

★「中村さん」比率47位!

鈴木さん、田中さん、高橋さんなどと並び、苗字ランキングで上位常連のイメージがある「中村さん」。一般的に、人数が多い苗字の比率が低い県としては沖縄県が有名です。しかし、そんな中で、「中村さん」は違います。なんと、栄えある47位は

宮城県

でした。人口1,000人に対し2.75人ですから、「中村さん」ヒット率は低そうです。しかも、46位福島県、45位山形県、44位秋田県と、どうやら東北地方全般に「中村さん」率が低い傾向にあると言えるようです。2012年調べですが、今も同じでしょうか。

 

★「百貨店・総合スーパー」比率47位!

2014年の「経済センサス-基礎調査」によると、人口10万人あたりの百貨店・総合スーパーの総店舗数で、最も割合が低かったのは

山梨県

で0.71軒。地理的に東京に近く、移住希望先として上位に位置する山梨県。百貨店やスーパーもさぞ充実だろうと思いきや、個人的には予想外の結果でした。

逆に最も割合が高かったのは愛知県で、地元のユニーの影響でしょうか。

 

★「靴屋」比率47位!

では靴屋(但し、スポーツ靴や中古靴の小売は含まず)はどうでしょうか。同じく人口10万人に対する靴屋の軒数で、最も割合が低かったのは

滋賀県

で5.51軒だそうです。雪が多い地域ほど靴屋が多いという相関関係があるそうなのですが、滋賀県も意外と雪降るイメージがあるのに不思議です。

 

★「外食費用」47位!

総務省の2016年家計調査の結果では、外食に要する費用が最も高い都道府県は、やはりと言うか東京都でした(年間平均232,619円)。以下、愛知県、埼玉県、神奈川県と、人口が多い都市部でその傾向が強いという結果になっています。反対に、47位は

青森県

という結果に。年間平均85,501円でした。これに鳥取県沖縄県秋田県と続くので、やはり地方部ほど外食に充てる費用が少ないということが分かります。

 

★「年間快晴日数」比率47位!

1981年から2010年の30年にわたる気象庁データから割り出した結果は、予想外に

沖縄県

が快晴日数が少ないという結果になりました。沖縄と聞くと、美しい海、白い砂浜、そしてどこまでも続く青い空のイメージがありますが、統計では真逆でした。

但し、「快晴」とは「雲量が1以下の状態」と定義づけられていますが、年間晴天日数は沖縄県は少なくないので、快晴じゃないけど晴れている、これが正しいイメージなのかもしれません。お天気の定義は難しいですね。

 

★「鉄道電化キロ数」47位!

都会に住んでいれば「電車に乗る」ことは普通ですが、普通じゃない県があります。

徳島県

1mも電化されておらず、すべての鉄道がディーゼルだそうです。わたしは高知県沖縄県をイメージしましたが、それぞれ路面電車やモノレールを持っており、たしかに「電化」されていますよね。徳島県では「汽車に乗る」と言うのが普通だそうです。

 

★「小中学生肥満率」47位!

今回の締めくくりは、文部科学省が実施している「全国体力・運動能力、運動習慣調査」からの小中学生肥満率(小学5年生、中学2年生対象)です。

男子は第2位の徳島県を除く上位を、女子は第2位の徳島県と第7位の沖縄県を除く上位を、すべて東北6県が占めるという地域の偏りがはっきり出ています。

では、逆に最も肥満率が低かった都道府県はどこか。

これこそ栄えある47位と言って良いでしょう、

京都府

でした。男女ともに肥満率47位、つまり関西弁で言う「シュッとしてる」人が多いのでしょう。たしかにわたしの知り合いの京都の人は、みんな細身ですね。

 

以上、「マニアな小ネタの世界」でした。