MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~9月17日編~

9月17日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

曜日テーマ「今日は何の日?」ですが、

9月17日 モノレール開業記念日

だそうです。1964(昭和39)年のこの日、日本初の旅客用モノレールとして、浜松町~羽田の東京モノレールが開通したことを記念した日だそうです。

1964年と言えば、東京オリンピックの開催年であり、様々なインフラが整備される一環として開通したわけですが、開業当初は浜松町~羽田間に停車駅が無く、まさに空港利用者のためだけのものだったようです。夜には照明を消してデートコースにしてもらう試みもあったようで、今では考えられないですね。

 

現在、羽田空港JALグループを中心とする国内線第1ターミナル、ANAグループを中心とする国内線第2ターミナル、国際線ターミナルに分かれていますが、開業当時の羽田はまだ沖合に移転していなかったため、当時のモノレールの羽田駅は今の天空橋駅近くにあったようです。その当時の羽田駅は今どこにあるかと言えば、B滑走路の地下に埋まり、現在はその名残を見ることはできないそうです。

 

その羽田空港も、国際線が多くなってきたことで、第2ターミナルの一部を国際線に転用しようという動きが本格化しており、2020年夏ダイヤ前までに実現を目指しています。これに伴い、羽田空港国際線ターミナルは、羽田空港第3ターミナル等に名称変更となる見通しです。個人的にはANAグループファンなのですが、第2ターミナルは歩く距離が長いのであまり好きではありません。第1ターミナルも老朽化による改修を検討しているようですから、2020年のオリンピック年には、羽田空港はまた大きく姿を変えていることでしょうね。

 

では、そこに乗り入れる鉄道網はどうかと言えば、かねてよりアクセス改善を検討するも、あまり進展しているとは言えない様子です。現行の、東京モノレール京急空港線に加えて、JR(特に埼玉・副都心方面、新木場方面)から直通させる案も出ていますが、到底間に合いそうもないですね。そうなると、モノレールにかかる役割も大きいわけです。モノレールは昭和島での待避設備を使い、快速運転ができるようになりましたが、浜松町駅着というのがなんとも中途半端な気がしてなりません。やはり東京駅まで延伸して欲しいと思うのは、わたしだけでしょうか。

 

一方、意外と便利なのは京急空港線ですね。都営浅草線方面にも直通し、その先の成田空港方面にも行けます。東京の東側や千葉方面に行くなら、モノレールよりも便利だと思います。あとは空港リムジンバスも、行き先次第でとても便利です。

かくして、モノレール誕生から50年以上が経過した今、モノレールを取り巻く環境は大きく変化し、ライバルも出現している中で、モノレールがいかに生き残り、発展していくのか、その進化に期待したいと思います。