MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~9月3日編~

9月3日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

「今日は何の日?」9月3日ですが、数ある9と3の語呂合わせを差し置いて、非現実的なネタを選びました。9月3日は国民的なマンガドラえもんのお誕生日なんです。

 

おそらく「ドラえもん」を知らない人はいないと言って良いほどのマンガですが、未来からやってきたドラえもんの誕生日は?と聞かれると、わたしも知りませんでした。

誕生日:2112年9月3日

きちんと未来に設定されていますね!でも、なぜ9月3日なのでしょう。何の語呂合わせも関係無いですし、藤子不二雄先生にも関係無さそうです。色々調べてみると、ドラえもんには4つの数字がキーワードになっていました。

身  長:129.3cm

体  重:129.3kg

3サイズ:いずれも129.3cm

パ ワ ー:129.3馬力

等々、他にもこの1,2,9,3という4つの数字がスペックに登場します。これ、実は当時の小学校4年生の平均身長129.3cmに由来しているそうです。のび太君は小学4年生の設定ですが、ドラえもんは決してのび太を見下さない、そんな意味を込めているのだとか。アニメ等ではむしろ、ドラえもんのび太君を見上げていますが、のび太君の身長は140cmという説もあり、読者・視聴者である子どもの意識への細やかな配慮も、ドラえもんが長く愛される国民的マンガたる理由かもしれません。

 

ドラえもんと言えば、わたしの世代ですと、やはり大山のぶ代さんのイメージですが、2005年に一斉に声優陣を一新し、すっかり水田わさびさんで定着しています。今が2017年ですから、現在の子どもたちにとってのドラえもんは、水田さんでしょう。

思い切った刷新に、違和感を唱える声も当初は多かったですが、長く続けるにはこうした大胆なチェンジも必要なのかもしれませんね。成功例と言えるでしょう。

もっとも、何を置いても原作の良さ、教育的観点からも優れた作品であるからこそ、世代を超え、国を超えて愛される作品になっているのでしょうね。

 

なんだかドラえもんが懐かしくなり、Youtubeドラえもんの歌を探していたところ、「こんなのあった!」と思う歌を2つ見つけました。「あんなこといいな できたらいいな」はお馴染みですが、わたし世代ならご存知であろう曲。

・「ぼくドラえもん

あたまテカテカ さえてピカピカ それがどうした ぼくドラえもん

懐かしいですね~。2番の歌詞の「たんそくモタモタ おとはドカドカ」あたり、今だといじめに繋がりかねないと言われるかもしれません。

でもどこか憎めないドラえもんをよく表している歌詞だと思います。

・「ドラえもん音頭」

「はずむタンソクまろやかに」ここでも短足をかなりアピールしていますね(笑)

 

毎日乗る東京メトロでもキャラクターとして登場する「ドラえもん」。日本を代表するキャラクターとして、これからも長く愛されて欲しいと願います。