MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 8月26日~9月1日

9月2日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

9月最初の土曜日、関東は雨の朝を迎えました。台風の北上に伴い、北海道の旭岳では週末にも”初冠雪”の便りが聞かれるかもしれない、とのことです。いよいよ夏から秋、そして冬への季節の移ろいが始まりますね。

今週の気になるニュースをご紹介します。

 

◆「50人が団結!電車傾け女性を救出」(TOKYO MX 2017年8月31日)

今年8月5日、突然意識を失った女性が、線路側に頭を投げ出す形で倒れたところに電車がホームに侵入しました。場所は小田急線の代々木上原駅です。女性は、ホームと電車の間に頭を挟まれてしまいました。

ここから周囲の人が一致団結します。ホームにいた人が電車を押して、ホームと電車の間に隙間を作れば、電車内の人はホームと反対側に移動して援護します。これにより電車は傾き、ホームとの間に空間が生まれ、女性は無事に救出されたそうです。その場で心臓マッサージを施され意識を回復した女性は、およそ2週間後には退院しました。

都会は、ややもすると他人に冷たいイメージを持たれがちですが、日頃はそうであっても、何か大事が起きれば都会も田舎も無いですね。震災のときもそうですが、みんなが一致団結して命を救った話は、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと感じました。

 

◆「ネットの『恋ダンス』動画削除を」(読売新聞 2017年9月1日)

星野源さん所属のビクターエンタテインメントは、ヒット曲「恋」に合わせて踊る”恋ダンス”について、一般の方がYoutube等にアップしている恋ダンスの動画削除を進めるとともに、自主的な削除を要請する文書を発表しました。

とは言え、かねてより8月までを期限に認めるとしており、今回は当初からの決まり事を実行に移すという話でした。反応は様々のようですが・・・。

わたしの親戚の女子大生もダンスサークルに所属し、恋ダンスはじめ、音楽に合わせて色々踊っていますし、大学ダンスサークルとしてYoutubeにも動画をアップしています。正直、”わたしを見て”と言わんばかりのパフォーマンスは好感を持たないのですが、それとて自由ですし、昨今の芸能界を見ても、大勢による歌とダンスのパフォーマンスが席巻しているわけで、それに憧れること自体は不思議ではありません。

ただ、当初より告知されていた期限ですし、著作権も絡む話ですから、決まりは決まりで守るべきだと個人的には感じています。

 

◆「使い捨ての医療機器、洗って再使用」(神戸新聞NEXT 2017年8月30日)

兵庫医科大学病院では、昨年12月から今年7月にかけ、患者130人計135回の手術に、本来は使い捨てとすべき医療機器を洗浄し、再使用していたと発表しました。

問題となった機器は、骨に穴を空けるドリルの先端に取り付ける金属製器具4種類で、厚労省の通知では手術後に廃棄するよう定められていたものでした。

たまに医療機関でこういう話が出るたびに思うのは、やはり医療機関には”健康になりたい”と思って通う場所なので、神経質なくらいに安全性には配慮して欲しいということです。わたしが子どもの頃は、予防接種の注射針も数人連続で使っていましたが、今はそういう時代でもありませんし、一度何か人体に被害が及べば大問題ですからね。

 

◆「男だらけの街ランキング・ベスト10!」(ダイヤモンド・オンライン 2017年8月29日)

面白いデータですね。人口5万人以上の764市区町村を対象に調査した結果、男性比率が最も高いのは、大阪市西成区であると判明しました。西成と言えば・・・ですが、2位にランクインした福島県南相馬市をぶっちぎる堂々の1位です。

またベスト10では、愛知県の5市がランクインしています。記事にも書かれていますが、工場や自衛隊など、男性が集まりやすい職場があると、男性比率が上がるようです。逆に、福岡市では女性が多いと、同市に住む知人から聞いていましたが、実際に福岡市中央区が女性比率1位のようですね。

詳細なランキングが気になる方は、ダイヤモンドさんの記事でご確認ください。

 

◆「NHKでブルゾンちえみ風天気予報」(デイリースポーツ 2017年8月30日)

今週最後のネタは、NHK朝のニュースでお馴染み、お天気お姉さんの酒井千佳さんが、渋谷のNHK前からの中継で、突如、ブルゾンちえみさん風の天気予報を届けたそうです。わたしは既に通勤電車に揺られていたので見ませんでしたが、事後に動画チェックすると、たしかにそれっぽく放送しています。

お堅いイメージのNHKで突如放送されたこの天気予報、スタジオの反応から見ると、事前に知らされていなかったのでしょうかね。微妙に脱力感あるところがなんとも言えませんが、たまにはアリかもしれません。