MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

働き方 第20回~飲食業界ホワイト度ランキングに想う~

8月31日 木曜日 働き方第20回

 

こんばんは。

本来、木曜日テーマ「小さな旅」を綴る予定でしたが、なんとスマホが突然ウンともスンとも言わなくなり、本日ブログ用に撮影した写真がダメになる事態に陥りました。と言うことで、急遽、水曜日テーマの一つ「働き方」で気になったネタを取り上げます。

 

f:id:Masa_S:20170831174523j:plain

就職・転職の口コミサイト「Vorkers」が発表したランキングです。飲食業界は、某牛丼チェーン店のブラックさが話題になるなど、その労働環境の厳しさが幾度も取り上げられてきましたが、ホワイトな企業もあるんだよ!というこのランキング。

 

第1位に輝いたのが「びっくりドンキー」を運営する㈱アレフさん。わたしも定期的に通うのですが、個人的には「おろしそバーグディッシュ」が好きです。ディッシュプレートは、ごはんにハンバーグソースの味が染みるのが許せない人はダメでしょうが、わたしはそのB級な感じが好きです。アラカルトの「イカの箱舟」も地味ながら美味しいです。びっくりドンキーでは、木製のメニュー表を広げたり、色々と大変そうだな、といつも思うのですが、働いている方々の満足度も高いようで何よりです。

 

また、JR系の飲食店も総じてランキングが高いですね。しかし、表示されている「待遇の満足度」は総じて3点以下ですし、NRE以外は有給消化率も4割にも満たない中で、この順位に位置しているのは、何か隠れた満足度要素があるのでしょうかね。

 

第14位の㈱エスエルディーさん。待遇満足度は1.90、月の残業時間も53時間と、上位25社の中でもあまり良いとは思えない数字ですが、この位置にいます。見ると、有給消化率が51.0%と、休暇が取得しやすい環境にあるのでしょうか。日頃忙しくても、必要なときに休暇がしっかり取れる職場環境というのは、実はありがたい要素ですね。

 

と、改めてランキングを見て思うのは、残業が多く、有給取得率も半数に至らない企業が多いという印象。飲食業界の中では”ホワイト”かもしれませんが、他業界との比較では、まだまだ厳しい労働環境にあるのかもしれません。飲食業界で働く皆さん、本当にお疲れ様です、と言いたいです。