MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

歌謡曲 第34回~花咲く旅路~

8月14日 月曜日 歌謡曲第34回

 

こんばんは。

 

お盆休み真っ只中、ふるさとでお過ごしの方も多いと思います。世界では米国と北朝鮮による緊張の高まりが懸念されていますが、被爆国であり、終戦記念日を控える日本の夏が穏やかに過ぎゆくことを祈るばかりです。

 

「花咲く旅路」(1991年6月1日発売 作詞・作曲/桑田佳祐、歌/原由子

 

とても緩やかな、穏やかなこの曲調が印象的です。発売された1991年も湾岸戦争勃発の年でしたが、その対極にあるような、日本の静かな夏が想起される曲だと思います。

 

「鈴なりの花を摘み 吹く風に夏を知る

おだやかに ああ おだやかに 今ぼんやり遠くを眺めてる」

縁側に腰掛けながら、扇子片手に庭を眺める人、吊るした風鈴をたまに揺らす風が心地よい昼下がり、穏やかに流れゆく夏の時を感じている、そんなイメージです。

 

そして歌い手である原由子さんがまた、とても優しそうで穏やかそうな雰囲気を醸し出す方なので、余計に曲全体にその味わいが溢れている気がします。

こうした原さんの良さを引き出すあたり、夫である桑田佳祐さんならではなのでしょう。今年の日本の夏もまた、穏やかに、たおやかに過ぎゆくことを望みます。

 

もうすぐUターンも始まると思いますが、くれぐれも皆さん道中お気をつけて。