MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

マニアな小ネタの世界 第19回~うちのガラクタHowMuch?~

7月21日 金曜日 マニアな小ネタの世界第19回

 

こんばんは。

 

今夜の小ネタは、部屋の整理中に出てきたガラクタを売ってみた、という企画です。以前、わたしが大好きだったPCゲーム「エアマネジメントⅡ」(コーエー)をソフマップで売ってみたところ、意外なことに定価よりも高く買い取って貰えた経験を踏まえ(一部で人気が高いのに品薄なためか?)、断捨離にあたって出てきたガラクタを試しに売ってみよう、というのが思い立った経緯です。

 

今回売ったのは、壊れて動かないPlayStationPortable(以下「PSP」。色はホワイト)です。PSPはかなり遊んで、壊れてしまったので後に買い直したのですが、捨てるのも面倒なので箱に入れて保管しておいたものです。しかし限られた部屋のスペースに邪魔だったので、捨てようとしたとき、あるサイトが目に留まりました。

 

「動かないPSP本体買取ります!

 

目の前には壊れたPSP本体。なんとも魅力的なフレーズじゃないですか。このサイトの主は、他ならぬGEOさん。ゲームやCD・DVDなどの販売・買取・レンタルでお馴染みのGEOさんです。こういうとき、売り先の信頼度も気にするわたしには嬉しいところ。

 

そのサイトを見ていくと、PSP以外にも、いくつかのゲーム機本体を、壊れていても買い取る旨が書かれていて、液晶面の割れは値引きになることなど、丁寧に説明されていて安心です。早速、申し込み画面から必要事項を入力し、出来上がった申込書を印刷、壊れた本体なんかホントに値が付くのかな?(一応、サイト上では500円とあります)・・・と不安だったので、PS2の某野球ゲームと、PSPの某野球ゲームも同梱し、小さめの段ボールにセット。翌日、佐川急便さんが集荷に来てくれました。

 

そして待つこと1日。GEOさんから荷物到着のメールが入り、その2時間後には査定結果メールが届きました。うぅ・・・どうなったんだろ・・・。

 

開けて見ると、壊れたPSP本体はサイト記載のとおり500円で買取となりました。広告に嘘偽り無し!ですね。やはりGEOさん、信頼できます。

さらに嬉しかったのは、PSPの某野球ゲーム。2013年度決定版(と書くと、野球ゲーム好きな方は「あぁ、あのシリーズね^^」とすぐわかるでしょうが)が800円だったこと。野球ゲームなどは、毎年進化する上、選手の移籍などもあり、最新データが良いはずなのに、在庫の関係だったのか、いずれにせよ2017年の今にあって2013年度版を800円で買い取ってくれるなんて、なんと良心的なのだと嬉しくなりました。

 

これに加え、買取査定額5%キャンペーンも相俟って、ワンコインランチを主としているわたしに、3日分のランチ代以上の査定結果を提示していただいたので、異論などあろうはずもなく、二つ返事で「承認」ボタンを押下し、買取成立となりました。

 

壊れた本体買取は、オンラインサイトからの申込に限るようですが、ガラクタでしかなかったPSP本体がワンコインランチに化ける小さな感動に、思わずガラクタ売りにハマってしまいそうな予感がしています。家にある不要品、意外に値が付くこともあるかもしれません。捨てる前にちょっと一手間。確認すると良いと思います。

 

※なお、GEOさんの買取情報や、査定アップキャンペーンなど、あくまで当方が売却した時点の情報です。ご自身でよくHP等確認の上、ご対応ください。