MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 6月17日~6月23日

6月24日 土曜日 気になるニュース

 

第5位 「サザエさんCM継続」(2017年6月23日 時事通信

これだけ経営危機に立たされ、事業が切り売りされているのを見るにつけ、東芝という会社は何をしている会社なのだろう・・・と思ってしまうほど、組織の弱体化を感じてしまいますが、これについてはなんだか一安心です。

やはり日曜18:30のサザエさんの提供クレジットに「東芝」という言葉が入っていないことは違和感があるんです。かつてはブランドイメージ向上に役立ったのでしょうが、今後、「東芝」という会社が生き残ってますよ!という音信にならないよう、企業の強化に繋がると良いですね。

そう言えば、最近、「東芝」に限らず家電メーカーの社歌を聞かなくなりました。これもまた会社のイメージを発信していたような気がするのですが。

 

第4位 「岩瀬、通算403セーブ目」(2017年6月23日 スポニチアネックス)

わたしが中日ファンだからどうしても気になるんです。

昨日行われた、交流戦明けの東京ドーム巨人3連戦の初戦。先発バルデス投手の好投が続き、1-0で迎えた9回は守護神田島投手が2死1,2塁のピンチを作ってしまいます。

巨人は代打の亀井選手(左打者)。わたしは亀井選手好きなんです、渋いですけど走攻守のバランスが取れていて。その亀井選手が告げられた場面で中日ベンチは、田島投手に変えて左の岩瀬投手を送り出します。そして。

岩瀬投手はシュートで亀井投手を二ゴロに打ち取り、ゲームセット。

岩瀬投手と言えば、主に落合監督時代に抑えを任され、400セーブという金字塔を打ち立てた紛れもない功労者です。ですが、ここ最近は不調に苦しむシーズンが続き、かつての面影に陰りが見え、限界説も囁かれるようになっていました。

しかし今シーズンは見事に調子を上げており、ついに昨日、2014年7月31日以来となる通算403セーブ目を記録しました。こんなに空いていたんだ・・・と思いますが、3年ぶりなんですね。でも、ここ一番ではベテランの安定感が頼りになります。

守護神が交替させられるようじゃいけないという田島投手の危機感や、2軍で再起を目指す浅尾投手の奮闘に繋がるといいですね。

何はともあれ、岩瀬投手、お疲れ様です!そしてやっぱり頼りになります!

 

第3位 「東尋坊、ドローン監視で自殺阻止 20代女性保護」(2017年6月21日 福井新聞

足摺岬東尋坊・・・日本には自殺の名所と呼ばれる場所がありますが、その東尋坊です。NPO法人「心に響く文集・編集局」が、小型無人機ドローンによるパトロール中に、自殺しようとしていたとみられる20代女性を発見し、19日夜に保護したそうです。

長時間、不審な動きを取っていた女性は自殺を否定していたそうですが、場所が場所ですし、岩場から覗き込むといった行動は、たしかに通常あまりしませんよね。

何はともあれ、一つの命が失われずに済んだことに安堵しますし、ドローンで監視という時代の変化にもちょっと驚きます。

 

第2位 ◆小林麻央さん死去(2016年6月23日)

どの記事というより、昨日、各報道機関が一斉に報じましたね。

愛らしい笑顔で親しまれた彼女が、34歳という若さでこの世を去りました。特に小さなお子さん2人が残されたことを思うと、ご本人が一番辛かっただろうと思います。

わたしは彼女を特に好きでも嫌いでもありませんでしたが、その懸命な闘病生活は自然と応援したくなりましたし、笑顔を発信し続けた気持ちの強さは凄いと思いました。

もっと生きていたい、生きなければならない若い命が、その想いと裏腹に失われることは、とても寂しいですね。心からご冥福をお祈りしたいと思います。

 

第1位 「上野のパンダの赤ちゃんは「雌」と判明」(2017年6月23日 産経新聞

締めくくりが寂しいニュースというのは嫌なので、あえてこちらを第1位にしました。

上野動物園ジャイアントパンダに生まれた赤ちゃんは、雌だったことが判明しました。パンダの出産から子育ては難しいと聞いたことがありますが、今のところきちんと育児もしており、赤ちゃんも順調に育っているようですね。

テレビでも映像を見ましたが、どことなくパンダの形になってきている気がします。何でもそうですが、赤ちゃんは可愛いですね。つい微笑んでしまいます。

こうした明るいニュースが増えるといいですね。