MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

マニアな小ネタの世界 第14回~マッサージの楽しみ~

6月16日 金曜日 マニアな小ネタの世界第14回

 

こんばんは。

金曜日の夜ですね。1週間の疲れを癒したい、頑張った自分へのプチご褒美、なんて方も少なくないと思います。わたしは比較的時間が自由な仕事ですから、金曜日に拘らず空いている時間を狙うのですが、リラクゼーション、マッサージが好きです。

 

最近ではチェーン展開しているお店も増えてきていますよね。駅の近く、あまり不便ではなく、かと言って目立ちすぎもしない。そのロケーションは難しいと思うのですが、他人の目を気にせず(別にやましくも何も無いですが)、静かに施術を受けたいお客様のことを意識しての立地選択なのでしょうね。

 

さて、わたしが通うお店は、60分施術で全身マッサージ3,000円(税別)くらいが相場でしょうか。3つくらいのチェーンを通い分けていますが、それぞれ特色があります。

たとえば、全身マッサージと足のオイルマッサージをセットにしたお店は、足にオイルを塗って貰っていると、なんだか女性になった気分がしますし、足ツボにぐいぐい来たときは悲鳴を上げそうになるほど痛いです。

施術者も様々で、指名制の場合を除いては、異性を充てないお店もあれば、最近よく通うお店では異性も関係なく空いている担当者が施術してくれます。このあたりも運営者の方針があるのでしょうね。

着替えについても有料のところと無料のところがあります。わたしはいつもスーツに皴がつくのが嫌なので着替えをお願いしますが、この時期、生乾きの匂い(イカ臭いようなときもあります)が強い服を貸してくれるお店もあり、少し足が遠のきます。

 

施術者の特徴は、店舗によるというより個人差ですね。タクシーの運転手さんや、理美容の方同様、雑談を好む方もいれば、ひたすら静かにしている方もいらっしゃいます。わたしは後者が好みでしょうか、あまりベラベラ話し掛けられると、それこそリラックスできないので。わたしがスーツ姿の中年だからか、過去に一度、ひたすらひそひそ声で風俗の話を延々とされたことがあり、まったくリラックスできませんでした。

しかし難しいのは、あまりに静かだと、いつの間にか寝てしまうことがあり、その間”施術してない?”と勘ぐってしまう自分がいることです(勿論、その間も施術はしてくださっているハズです)。終わった後に20分損したかも・・・と、未練がましく思う自分が嫌なので、寝てしまうほどは静かにしなくて良いです。

 

お客も様々ですね。先日の施術では、隣のベッドの会話が聞こえてきました。どうやら20代前半の若者(社会人だそうです)らしく、「凝るという感覚が分からないので、気持ちいい!と思いたくて」施術を試しに来たのだとか。なるほど、初体験ですね。

あとは凝りを自慢するお客もたくさんいますね。施術者のリップサービスだと思いますが、「うっわ・・・硬い」「これはかなりですよ」「今日一番かも・・・クソッ」なんて言われると、満足そうに「そうでしょ~^^」とご満悦な方。きっと自分が疲れ切っているんだということを、分かっ(たフリをし)てもらいたいのでしょうね。

 

こうして様々なリラクゼーション、マッサージを受けるのは、わたしも気持ちよくなりたいから。骨格が歪んでいることを自認していて、凝りも多発しているので、そうした社会観察をしながら気持ちよくなれる、そんな空間が楽しいのです。

 

まだ未経験・・・という方、プチ贅沢にいかがでしょうか?