MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

歌謡曲 第27回~THE WINDY~

6月12日 月曜日 歌謡曲第27回

 

こんばんは。

タイトルを見て、???と思われた方も多いかもしれませんね。毎回、比較的メジャーな曲を取り上げているつもりですが(どこが?とも言われそうですが)、今回のこの曲はマイナー度が高めかもしれません。

 

「THE WINDY」(作詞・作曲/飛鳥涼、歌/光GENJI

 

一気にスターダムに駆け上がった割に、メンバー間の不仲説もあり、解散も早かったグループですが、絶頂期の人気たるや、SMAPも比べ物にならないほどでした。ミュージックステーションではレギュラー枠が与えられ、音楽番組では悲鳴に似た歓声で歌が聞こえないほどの凄さでした。伝説の男性アイドルグループと言えるでしょう。

そんな光GENJIファンだというミッツ・マングローブさんのために、メンバー全員に会ってサインを集めたり、ハマスタでのDeNA×中日の試合後「今度は7人連れてきますから!」と叫ぶなど、最も人気が高かった諸星和己さんが、最近、思わせぶりな言動を繰り返しています。解散して久しい光GENJIですが、今年がデビュー30周年の年です。

 

光GENJIと言えば、メンバーの一人が逮捕されたり、ヒット曲を手掛けた作詞・作曲者が逮捕されたりと、負のニュースが多いですが、当時を知るファンには大切な想い出の一ページ、少なくとも思い入れのある曲も多いと思います。

代表曲は「STAR LIGHT」や「ガラスの十代」「パラダイス銀河」「剣の舞」あたりでしょう。あとは現在もジャニーズメンバーに歌い継がれている「勇気100%」も元は光GENJIの曲ですね。その他にも個人的に好きな曲はいくつかあります。

「THE WINDY」は初期のコンサートで欠かさず歌われていた曲ですが、「光」「GENJI」とファンが叫ぶことができるところまで盛り込まれた、コンサート向けの曲です。歌詞で言えば「今同じ 時代の息をして 新しい歴史を 開くため」あたりが好きです。曲の展開も早くて、いいですね。

 

光GENJIで言えば、「Graduation」や「風の中の少年」も好きなのですが、機会があればまた取り上げます。結成30周年の今年、メンバー全員が集まる何かがあるのか、密かに期待しているのでした。