MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

歌謡曲 第25回~SHADOW OF LOVE~

5月15日 月曜日 歌謡曲第25回

 

こんばんは。

今夜の「歌謡曲」は少しマニアックかもしれません・・・かつて学園ドラマが流行った時代、代表格と言えば「スケバン刑事」でしょう。

 

そんな「スケバン刑事」人気に対抗するために日本テレビ系列で放送されたのが、「セーラー服反逆同盟」です。知らねーよ!という声が聞こえてきそうですが、メジャーじゃないものに惹かれるわたしは、小学生ながら、「スケバン刑事」は見ずに「セーラー服反逆同盟」を見ていました。

 

今振り返ると、当時人気があった、中山美穂さんと仙道敦子さんのW主演なんです。でも、中山美穂さんは他の仕事との兼ね合いで、あまり出演してないんですよね。薔薇を投げるシーンが、子ども心に”かっこいい”と思ったものでした。

 

前置きが長くなりましたが、その「セーラー服反逆同盟」の主題歌です。わたしはドラマそのものより、このオープニングの主題歌に惹かれていたかもしれません。

 

「SHADOW OF LOVE(1986年11月21日 作詞/秋元康、作曲/林哲司、歌/A-JARI)

 

この曲、AKBグループなどを手掛け今も活躍されている秋元康氏が手掛けています。ブームも周期があるということをAKBなど見ていて思いますが、この曲も少し昭和チックながら、”古くて新しい”印象を受けます。

テンポが速く、聞き終わって”もうちょっと聞きたい”と思うんです。そしてリピートしてしまう。イントロもシンプルなんですけど、どこか安心感がありますね。

 

たまにカラオケで歌うんですけど、この曲を知らない人が多数で、初めて聞いた20代からは「なんて曲でしたっけ?」と尋ねられます。友人らとカラオケに行くときに、歌ってみたいのだとか。たしかにちょっとかっこいいかも。

 

残念ながら、A-JIRIというバンドは短命で解散し、ヒット曲と言えるものも他に見当たりませんが、今でもYoutube等では見ることができますので、もしよろしければ。