読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

小さな旅 北海道を巡るなら【中編】(お勧め宿のご案内)

4月25日 火曜日 小さな旅

 

こんばんは。小さな旅、昨日の続編です。

今夜は昨日お伝えしたルートにあるお勧めの宿をご案内します。

 

【札幌駅周辺】

①ホテル京阪札幌

札幌駅と直結ではありませんが、西改札より徒歩4分、線路沿いにあります。

ガード下などを通じて行けるため、雨や雪でも濡れずに行ける点がメリット(但し、駿台前~ホテルの僅かの区間は屋根がありません)。

また、疲れを癒す大浴場が備わり、多くの宿泊客がユニットバスではなく、ここで体を伸ばしています。朝食も種類豊富ですし、室内も綺麗ですから、わたしは既に10回近く利用しています。地理的に、北海道大学を散策したい方には特にお勧めします。

 

②三井ガーデンホテル札幌

こちらも札幌駅直結ではありませんが、同じく西改札を出て地下街を通じて、ほぼ濡れずに行けるホテルです。

開業は2010年と比較的新しいですし、こちらも大浴場を完備。郷土料理を含む朝食もとても美味しいホテルです。客室もまだ新しいですし、清潔に保たれています。

 

ホテルグレイスリー札幌

なんと言ってもこのホテルの特筆すべき点は、札幌駅の目の前にあり、駅直結であることでしょう。どんな悪天候でも心配無用です。

客室はモダンで、ほんとにこの値段で泊まれるの?と思ってしまいます。札幌駅周辺はホテルがどんどんオープン、リニュアルされており、競争も激しいためか、コスパの高いホテルがたくさんあります。このホテルは大浴場はありませんが、ホテルと割り切れば大浴場が無くても十分に満足できると思います。

 

他にも駅周辺には良いホテルがたくさんありますし、大通方面にもいくつかホテルが新規オープンしています。すすきのを楽しみつつ寝るときは静かさを求める方には、中島公園周辺のホテルはかなり安くてお勧めです。

 

定山渓温泉

①定山渓万世閣ホテルミリオーネ

北海道内では有名な万世閣ホテル。

札幌駅からの無料送迎もあり、気軽に温泉ステイを楽しむことができます。館内はシルクロードをテーマとした異国情緒溢れるもので、非日常を味わえます。もちろん、温泉は定山渓の湯ですから、温泉にゆっくり浸かって日頃の疲れを落としましょう。

ビュッフェスタイルの夕朝食ですが、種類も豊富で目移りします。

 

②ホテル鹿の湯

定山渓中ほどに位置するホテルです。

客室は少し古さを感じさせる部分もありますが、コスパに優れています。日にちによっては1泊2食でえ5000円台からという破格。勿論、食事はバイキングで思う存分食べられますし、温泉にもしっかり入ることができます。

おまけに札幌からの無料送迎までありますから、”安かろう悪かろう”ではないです。

 

③定山渓グランドホテル瑞苑

1957年開業のホテルは今年で60周年です。

2013年には広範囲にわたりリニュアルもされており、部屋もかなりモダンなものとなっています。その好き嫌いはあると思いますが、無料送迎、種類豊富なバイキング、そして定山渓の中でも広いお風呂など、たくさんの長所を持つホテルです。

お値段も平日を中心に良心的な価格ですし、ペット同伴も可能なお部屋もあるそうで、幅広い方にお勧めできるホテルだと思います。

 

十勝川温泉】

十勝川温泉第一ホテル

十勝川温泉の中でも客室数も多いホテルです。

はっきり言って、値段は安くありません。豆陽亭の方がまだ比較的リーズナブルですが、安い日でも1万円少々はします。高級志向な豊洲(ほうしゅう)亭は、2万円を軽く超える価格設定ですから、簡単に泊まるわけにはいきません。

しかし、それでもお勧めするのは、室内の清潔さ、館内の静かさ、十勝の食材をふんだんに使った料理の良さ、そして十勝川のモール泉の良さ、客室から見る十勝川の風景の美しさなど、相応の価値があると思うからです。

ホテルの従業員の方々の対応も非常に親切で、また来たいと思うものです。リーズナブルに遊んで、一日だけ贅沢をしたい、そんな日にはぜひ泊まっていただきたいです。

 

②観月苑

こちらは十勝川第一ホテルほど高級では無いですが、客室もきちんと手入れされています。感激するものは無いですが、必要にして十二分な施設ですし、大浴場も広すぎず落ち着ける感じがします。食事も美味しく、これで日にちによって1万円を切るならば、わたしは満足できるホテルだと考えます。

もちろん十勝川のモール泉ですよ。