読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】ふるさと大好き!ふるさと納税の魅力

4月23日 日曜日 【特集】

 

おはようございます。

2週にわたる特別編成、今日は特集第一弾です。4月も下旬に差し掛かり、来週には大型連休が始まるとあって、なんだかワクワクしますね。中にはふるさとに行かれる方もいらっしゃると思いますが、実際に住んだことが無くても、各地の味を中心にふるさとを楽しめる、そんなふるさと納税について、今日は取り上げたいと思います。

 

①「ふるさと納税」ってどんな制度?

名前からすれば、自分のふるさとと誤解するかもしれませんが、好きな自治体を選んで納税を通じた寄附を行う制度です。

②税制メリットについて知りたい

ふるさと納税を行い確定申告した場合、その年の所得税から還付があり、翌年度の個人住民税から控除されます。
所得税控除額、個人住民税控除額とも2,000円を超える部分について対象となります。つまり、ケースによって実質2,000円で御礼の品が貰えることもあるわけです。

③お礼の品が貰える

最近、返礼品については、寄附金の3割相当とするよう国が働きかけていますが、それは各自治体による返礼品競争が過熱したからこその裏返しです。

実際、ふるさと納税を行う人のほぼ大多数は、返礼品と税制メリットのために行っていると言っても過言ではなく、納税者にとっては魅力的な制度でもあるわけです。

どんなものが貰えるのか?非常に多岐に渡るので、是非一度ふるさと納税に関連するサイトを覗いてみてください。見ているだけでいつの間にかクリックしたくなります。

f:id:Masa_S:20170415202640j:plain

たとえばこれは、うちに届いた山形県天童市のお米です。以前山形を旅したときに食べたブランド米”つや姫”が家族全員気に入り、以来、スーパーでも買っていました。近所のチェーン展開するスーパーでは、5kgが3,000円前後です。2kgで1,500円~1,800円程度でしょうか。今回1万円の寄附を行って、12kgのお米が返礼品ですから、7,500円~7,800円分の返礼をいただいた上に、税制上のメリットがあったことになります。なんだかお得だと思いませんか?しばらく米は買わずに済みます。

f:id:Masa_S:20170415203208j:plain

コチラは北海道は倶知安町のじゃがいも10kgです。昨年は野菜がとにかく高値でしたよね。我が家は家庭菜園で葉物を育てていますが、じゃがいもは作っていませんでした。そんなとき、ふるさと納税で見つけた北海道のじゃがいも。こういのがあれば助かるだろうな、と。そして届きました、越冬じゃがいも。越冬と言うだけあって、その状態を維持すべくクール便で届きました。早速小分けにして冷蔵庫に。

でも少し食べてみたくて、ポテトサラダを作ったのですが、これがまぁ、ホクホクしていて甘みもあって、とっても美味しいんです!

f:id:Masa_S:20170415204031j:plain

最後は、ふるさと納税の勝者とでも言うべき自治体、宮崎県は都城市です。

とにかくお肉の種類が豊富で、いつもどれにしようか迷うんですが、今回いただいたのがコチラの豚肉セット。納税額10,000円分です。

ハンバーグ、とんかつ用、焼肉用、そして何でも使えるバラ肉など、その名のとおりバラエティセットです。しかも消費期限は7月初旬までですし、小分けになっているので、保存の観点でも優れていますね。豚肉尽くしの日々が始まります。

④より便利に!

まず、品物を探す、年収から見た寄附上限額の目安など、ふるさと納税のことなら何でも分かってしまうサイトがあります。テレビCMでご覧になった方もいらっしゃるでしょう、たとえば「ふるさとチョイス」というサイトは代表的なものの一つです。ここにアクセスし、欲しいもの、希望の自治体などチェックを入れていけば、検索結果が絞り込まれて行きますから、とっても見やすいです。

それでもふるさと納税って面倒なんじゃないの?と思う方、今は簡単になっています。2015年4月1日開始のワンストップ制度を利用すれば、自治体に書類を送付することで、年間5自治体までの寄附の場合、確定申告が不要となりました。これで、サラリーマンの方たちにも飛躍的に利用しやすくなったと思います。

⑤最後に

ふるさと納税は、人口が少なく税収が少ない地方に税収を少しでも流そうという目論見で始まりましたが、それが過熱して、都心や、魅力的な資源を持たない自治体の税収が激減したため、国がその是正に向けて舵を切っているようです。

定着しつつあるこの制度、最初にも書きましたが、目的がネットショッピング+税制メリットという納税者主体になっているため、過剰な返礼品が後を絶ちません。

このままいけば、いつかどこかで国が大きな制限を掛けたり、あるいは制度自体の廃止や見直しをすることもあると思います。もし、この記事を読んで興味を持った方は、ひとまず早めにご自身で体験されることをお勧めします。