読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~3月12日編~

今日は何の日?

3月12日、日曜日の朝です。6年前のこの時間、わたしは度重なる余震に見舞われながら、避難所となっていた宮城県庁2階の食堂で、テレビに食い入るようにしながら、前日からの出来事をこの目に焼き付けていました。睡眠時間は1時間に満たないものだったと記憶しています。今朝は鳥のさえずりで目が覚めました。こうして穏やかな目覚めがあること、平凡な毎日を過ごせることに、心から感謝したいです。

 

さて、日曜日テーマ「今日は何の日?」です。3月12日、語呂合わせでいけば「財布(サイフ)の日」です。そして今日はその語呂合わせに乗っかります!

 

わたしが一番最初に自分の財布として持ったのが、祖母が岩倉具視の描かれた500円札を中に入れて譲ってくれたがま口財布でした。年齢を感じますね、500円札(笑)500円玉に変わったのが小学校低学年で、地元の郵便局に並んで500円玉に交換してもらったのを覚えています。祖母がくれたがま口は、あのパカッ!と開き、ピチッ!と締まる感覚が好きで、開けたり閉めたりを繰り返していました。

やがて小学校も3年頃になると、もう少し持ち運びに便利な小銭入れのようなものを持ち始めました。新品で買って貰った”自分の財布”だけに、嬉しかったです。

中学校に上がると、時計と財布はちょっと大人っぽいものが欲しくなりました。合皮ですが、2つ折りの財布にジュースが買える程度のお金を入れて、胸ポケットに入れておき、それを出して買い物をするときに、大人の階段昇った気がしました。

以来、ずっと二つ折りをいくつか買い繋いできたのですが、数年前にあるお店でPorter(吉田カバンのオリジナルブランドですね)の本革の長財布が目に留まり、長財布と小銭入れをPorterで買い揃えました。年数が経っても、本革は風合いが良く、使うほどに味が出る気がして気に入っています。今までより、もっと大人になったような気が。

 

これから先、どんな財布に巡り合い、使っていくのか分かりませんが、財布一つとっても、その時々の思い出がありますし、成長に合わせた変遷を思い出しました。

新生活が始まる学生さんや、新社会人も、大人の階段を一つ昇る気持ちで、財布を買い替えてみるのも、気分転換には良いかもしれませんね。ちなみに、春財布は縁起が良いと言われますが、ここでいう春は新春、あるいは立春だそうですから、もはや時既に遅し!かもしれません。まぁ、金に欲張ること無く、気分転換という意味で、新しいお財布を持ってみると、何か気持ちの上で変化が起きるかもしれませんね。