MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

スポーツ第11回 ~痩せる~

2月8日水曜日です。

 

今日はスポーツ・・・と言うより、”運動”が正しいかもしれませんが、痩せることについて書きたいと思います。

 

日本人の寿命は、現在、男性がおよそ80歳、女性がおよそ87歳ですね。このままいくと、2060年には男性がおよそ84歳、女性はおよそ91歳にまで寿命が延びると推計されています。人生90年時代の到来、ということですが、その超高齢化社会における不安としては、やはり少子化による社会保障制度の衰退、生活資金の原資に加え、高齢者になれば増える医療費など、超高齢化社会を手放しで喜んでもいられない状況です。

そんな中で最近、健康寿命という言葉をよく耳にします。要は、介護などを要さず、自立して日常生活を送ることができる寿命の意味です。健康寿命が長ければ、その分医療費は少なくなるわけですから、やはり意識しておくべき点だと思います。

この健康寿命都道府県別のデータが出ていまして、厚生科学審議会の資料(2015年度)によると、男女ともに健康寿命トップは山梨県(男性72.52歳、女性75.78歳)だそうです。一方、最下位は男性が徳島県の69.85歳、女性は大阪府の72.49歳、その他全体的に見ると西日本の方が健康寿命が短いという印象です。

 

さて、こうした健康寿命を縮める要素の一つに肥満があります。男性に多いのが内臓脂肪型肥満(お腹がぽっこりしてる状態)、女性に多いのが皮下脂肪型肥満(指でつまめるような状態)です。特に要注意なのは前者ですね。

この肥満というものは、様々なリスクを秘めています。たとえば高血圧、高血糖、脂質異常、場合によりがんの原因になるのだとか。

見た目もさることながら、こうした健康を害する要因になる肥満を解消するには、やはりダイエットが必要でしょう。しかし、過剰な運動をしたり、あるいは断食をしてしまうようなダイエットは健康的ではないのだそうです。

わたしは現在、身長168cm、体重67kgですから、BMI(体重kg÷身長m÷身長m)は約23、普通体形の中のやや肥満よりくらいです。BMIは低すぎても高すぎてもリスクがあると言われ、18.0または18.5~25.0に収まれば普通体重とされますし、実際、生命保険会社の引受時にも重要な判断要素とされています。

しかし、実はわたしは元肥満です。一時期、体重は90kgまで増えました。身長は変わらないので、BMIは約31です。今思えば、様々な要素があります。

一つは食事時間。朝食を抜き、夜は21時以降、さらに寝る前におやつを食べました。

また食事内容も、昼食はカツカレーを週3回、仕事帰りにコンビニでホットスナックとおにぎり、さらにファーストフード店でバリューセット+ハンバーガー単品、夜食にチョコレートですから、見るからに高カロリー、脂質・糖質も過剰です。

それに加え運動嫌いですから、それでは痩せるわけもありません。Yシャツの首回りも45cmにまで肥大化し、それすら締められないほどでした。

では今はどうか。今はYシャツの首回りが41cmでもきちんと絞めて指が入ります。そうなったのは、問題だと感じた点を一つずつ改善したからです。

食事は3食きちんと食べ、夜食はやめました。間食はやめ、おやつが欲しいときは夕飯を少し減らして一緒に食べる、寝る前3時間はお茶以外飲食しません

そして毎食必ず野菜を食べるようにしています。お昼はなるべく定食にし、仮にコンビニ等で食べる場合も、カロリーや糖質・資質を計算して買っています。夜はお鍋など、なるべく胃の負担が少ないものにする工夫もしています。また、トクホのお茶を1日500ml飲むなど、そうした力も借りながら食事改善を図りました。

あとは勤務が東京になったこともありますが、とにかく歩きます。急に走るのは心臓に良くないと思ったので(と言うか、走ることが苦手なので)、ひたすら歩いています。最初は一駅歩く、そのうちに二駅、気づけば電車の乗換を考えれば歩くと意外に近いと思うような場所もあり、自分でもよく歩くようになったと思います。新宿-池袋や、茅場町秋葉原、渋谷-三軒茶屋くらいの距離ならば歩くことにしています。

 

こうしていて気付いたことがあります。それは、朝起きたときと夜寝る前の体重がほぼ同じであることです。この条件を維持すると、必ず翌朝、少しは体重が減ります。そしてまたその晩は朝と同じ体重を維持する。ほんの少しずつ、目安で言えば、月に1kgほどですが、この目安を維持し続けた結果が、90kg→67kgです。2年近く掛かりましたが、最近では”食べ過ぎたなぁ”と思った日でも体重は増えず、仮に旅行や飲み会続きで少しリバウンドしても簡単に戻るようになりました。朝晩に体重計に乗り、同じ数値で寝る、月1kg減目安で痩せる、意外と単純ですが効果があったので、本を読んでみたところ、その痩せ方は正しいし、目安も間違っていなかったようで、自信が持てました。

 

数十年後に迎える超高齢化社会に、健康寿命を少しでも伸ばし、楽しく老後を生きられるよう、健康とお金の計画を今から立てておくのが大切だと思います。プチダイエット、もし気になった方はご参考になさってください。