読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

歌謡曲 第11回~翼をください~

1月10日火曜日です。火曜日テーマ”歌謡曲第11回目は、「翼をください」です。

 

翼をください」(1971年2月5日発売 作詞・山上路夫/作曲・村井邦彦/歌・赤い鳥)

 

わたしがこの曲に出会ったのは、小学校3年生のときでした。小学校の音楽で使う副本に載っていたのですが、とにかくその長調の穏やかな旋律と、サビの盛り上がりの部分が気に入り、この曲を歌うときはいつもより大きな声で歌った記憶があります。

 

わたしと同じように、小学校の音楽で習ったり、合唱の選曲となることもあるため、幅広い方に知られるこの曲を世に発表したのは、赤い鳥というグループです。当初は「竹田の子守唄」のB面だったようですね、知りませんでした。

ボーカルの山本潤子さんの歌を大人になり聴いたのですが、その澄み切った声に魅了されました。どこまでも伸びやかで高温に続く彼女の歌い方が、「この大空に 翼を広げ 飛んでゆきたいよ」という歌詞の描く世界に導いてくれる気さえしました。

 

赤い鳥は解散し、ボーカルの山本潤子さんはハイ・ファイ・セットの結成に参加します。ハイ・ファイ・セットのボーカルとして、荒井由実さんの「卒業写真」や「冷たい雨」などでヒットを飛ばします。荒井由実さんの「あの日にかえりたい」にバックコーラスとして参加したりと、交流も深いようです。卒業写真もそうですが、山本潤子さんの歌を聴くと、心が洗われると言いますか、素直な気持ちになれる気がします。

 

昨今、世界では様々な問題が起きています。人が憎しみ合い、恨み合い、傷つけ合い、他を認めず、利己主義に走り、他を批判しています。こんな人間の醜さが溢れる世の中にあって、山本潤子さんの「翼をください」は、無邪気で素直な幼少時代に、そして自由で希望と笑顔溢れる世界に、どこまでも高く導いてくれる気がします。そんな理由で、新年最初の選曲としました。2017年が、平和で幸せな年になることを祈って。