MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

旅と味 第7回~ほっこり温泉~

12月23日、天皇誕生日を迎えました。昨夜の大荒れから打って変わり、今朝の関東は十分な日差しが降り注いでいます。今日から3連休という方、お勤め先次第では年末年始休暇に突入したという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

さて、旅と味、年内最後のネタは温泉です。

今年わたしが旅した温泉を振り返ります。

 

河口湖温泉(山梨県

当日はとてもよく晴れていて、空気も澄んでいたため、富士山がひときわ美しかったです。やはり富士五湖から見る富士山は雄大で、お正月明けに見る富士山、なんだかとても縁起が良く感じました。温泉街としては歴史が浅いですが、その分ホテルも綺麗で、ロケーションは良く、関東からも近いのでお勧めです。

 

秋保温泉宮城県

仙台の奥座敷と言われる秋保温泉は、仙台市中心部からの近さが何より良いです。趣のある大きな宿が立ち並ぶあたり、その歴史の深さを感じます。当日は雪見の露天風呂に入りましたが、とても静かな中で入る温泉、日本っていいなぁ、と実感しました。

近くにある佐市というお店のおはぎは有名ですので、行かれた際は立ち寄ってみてください。

 

和倉温泉(石川県)

実に25年ぶりくらいでの和倉温泉でしたが、正直、活気が無かったのが残念です。北陸新幹線開業で観光客が増えたと聞いていましたので、温泉街もさぞ活気に溢れているかと楽しみにしていたのですが。もっとも、北陸は元来落ち着いた場所。活気とは違う捉え方をすれば良かったのかもしれません。お湯は勿論申し分ないので、名湯を求める方にはおススメします。随分と近くなりましたしね。

 

越後湯沢温泉新潟県

金沢からの流れで一泊しました。とにかく静かです。それとさすが米どころと思わせるくらい、出された食事のお米が美味しかった。越後湯沢と言えば、雪のシーズンを連想される方が多いと思うのですが、雪のないシーズンは穴場かもしれません。

 

下呂温泉岐阜県

交通の便という意味では少し不便かなぁ。でも、やはり名の知れた名湯ですね、お湯がとっても良いです。それと、風呂場が畳敷きだったのも新鮮でした。下呂温泉は初めてだったのですが、また行きたいと思います。

 

玉造温泉島根県

山陰の名湯ですね。川沿いに続く温泉街は古さはありますが、長く歴史を紡いできた趣ある温泉街です。町営(?)の日帰り施設もあり、大学生やお年寄りで賑わっていましたので、出雲大社とセットで巡ってみるのも良いかもしれません。

 

★杖立温泉(熊本県

熊本と大分の境あたりにある、本当に山深い温泉地です。そこにドンと構える大きな宿が何軒もあります。わたしが泊まった宿は、露天が広く、庭園のような場所を全裸でウロウロする開放的なお風呂でした。

九州の主要都市、福岡や熊本からもバス本数が少ないですが、少し地味な温泉がお好きな方にはおススメします。それにしても地震、その後どうなったのか心配です。

 

鬼怒川温泉(栃木県)

もう有名ですよね、日光東照宮とセットで行ってきました。

栃木県が誇る歴史ある温泉で、宿の軒数もかなり多いです。鬼怒川温泉もチェーンホテルが多く参入しているようで、以前行ったときとは宿の看板も変わっていました。

と言っても、お湯や食事は変わっていませんから、内装もリニュアルされ、宿泊者にとっては良いことかもしれません。

東武鉄道は今後、日光・鬼怒川観光に力を入れるそうですし、関東から行きやすいので、ふと温泉が恋しくなって思い付きでも行きやすいですね(関東の方には)。

 

道後温泉愛媛県

朝っぱらから並ぶことで有名ですね。わたしは昼前に行きましたが。

四国の中で一番有名な温泉と言って良いでしょう。入ってきた高校生くらいの子がタオルを巻いて入ろうとすると、近所のおじいさんと思しき人が「あかん!タオルして入ったら」と注意していました。昔はよくあった交流でしょうが、今の時代、そうした光景も見られなくなりましたね。昔からの良き温泉なのでしょう。

 

湯の川温泉(北海道)

北海道の陸の玄関口、函館は、今年、新幹線開通で賑わっています。

その函館にあり、北海道の三大温泉の一つと言われるのが湯の川温泉

空港、函館駅いずれからもアクセスが良く、ホテル数も多いので、とにかく観光客で賑わっていました。函館山観光のオプショナルツアーもホテルで申し込め、観光地の一つとして温泉がしっかり機能している印象を受けました。

 

登別温泉(北海道)

北海道で最も全国的に有名な温泉と言えば、ここでしょう。

ドリフターズの歌でも入っている登別温泉は、とにかく温泉が濃いというか、湯上りしばらくしても硫黄の匂いが続いていて、温泉に来た!感を堪能できます。

札幌からの格安送迎バスや、洞爺湖温泉との都市間バスなど、益々北海道の代表的な温泉として、便利さが増している気がします。

 

今年もたくさん温泉に入り、各地を旅しました。

来年も良いお湯に巡り合い、美味しい食事に舌鼓を打つ年にしたいです。