読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

旅と味 第6回~各地のパン~

12月9日金曜日の夜です。今日の都内は昼間、少し暖かく、コートを脱いで持って歩く人の姿も少なくありませんでした。冬の冷たい空気と太陽の日差しのコラボレーションが、なんだかホッとする一日だった気がします。

 

さて、曜日テーマの中で一番進捗が遅いのが金曜日かもしれません、「旅と味」。まだ第6回なんですね。今日はこのところの出張続きで食べる機会が多い”パン”です。

 

◆「PPAP」(東京・池袋/タカセ)

以前もご紹介した、池袋西口に古くからお店を構える「タカセ」さん。昭和の懐かしさを感じられるその味と、今時にしてはお値段が安いことなど、素敵なお店です。

そんなタカセさんに先日、夜行バスに乗る前に立ち寄ったところ、”新作”として置かれていたのがこちらのパン。

f:id:Masa_S:20161209204952j:plain

その名も”PPAP”。いや、勘違いしないでください。ピ〇太郎さんの盗作じゃないです。ポップにはこう書いてありました。”パン・パイナッポー・アッポー・パン”と。ペンじゃなくパンです!ポップに偽りなし!惜しげも無く、パンにパイナップルとアップルが盛り付けられています。パイナップル側から食べると、パン→パイナップル→アップル→パンの順に食べられます。しかも、美味しいです。これが150円とはお値打ち。

 

  味    ★★★★

価  格 ★★★★

斬  新 ★★★★★

店舗立地 ★★★★★

総合評価 ★★★★

 

◆「生カスタードスティック」(北海道・札幌/ボストンベイク

所変わって、北海道は札幌です。地元に展開するパン屋さんと言えば、最近では関東でもよく見かけるようになった北欧さん。そしてそれに並ぶ人気のパン屋さんが「ボストンベイク」さんです。地下鉄南北線北18条駅そばに本店を構えています。

ここのパンの特徴は、とにかく安くてボリューミーなこと。もとの根付からして安いのですが、夕方には30%OFFになるので、激安です。しかも量がとっても多い。

こうしたコスパの良さが、空腹にあえぐ大学生や、部活帰りの高校生、そして家計を預かる主婦にも支持されるんでしょうね。わたしが行った時は、部活帰りの高校生がたくさん来店していました。

f:id:Masa_S:20161209210524j:plain

f:id:Masa_S:20161209210530j:plain

ご紹介したいのは、”生カスタードスティック”。しっとり濃厚な生カスタードが柔らかめのパンの中にたっぷり入っています。写真では分かりづらいでしょうが、サイズがとても大きいんです。久々のボストンベイクとあって、他にも写真のようにパンを買い漁りましたが、翌朝までかかってやっと食べきったくらいのボリュームです。

 

  味    ★★★
価  格 ★★★★★
斬  新 ★★★
店舗立地 ★★★
総合評価 ★★★

 

◆「焼カレーパン」(熊本・熊本/滝川パン)

ものまねタレントのコロッケ(本名 滝川広志)さんのお爺さんが営んでいたパン屋さん。熊本市電の通道筋電停から少し入った場所に、その本店はあります。

ネットで見ていても、とにかく出てくるのは”焼カレーパン”。そうなればせっかく熊本まで行ったので買ってみようと思うわけです。

特徴は、とにかく柔らかい。下側は紙で持ちやすくなっているはずなのに、それでも油断すると、パン全体が流れるように傾くほど柔らかいです。一口かじってみても、食べている感覚が湧かないような、カレーが出てきて初めてパンを認識するほどです。たしかにこんなカレーパンは、わたしは食べたことありません。

f:id:Masa_S:20161209211802j:plain

 

  味    ★★★
価  格 ★★
斬  新 ★★★★
店舗立地 ★★★★
総合評価 ★★★

 

◆「ミルティー」(兵庫・神戸/KOLN)

まず、本当に申し訳ないです。パン食べるのに夢中で、写真撮るの忘れました。やむなく袋だけでも、と思って撮影した次第です。

f:id:Masa_S:20161209211951j:plain

ミルティーというパンは、カステラ生地風のパンの真ん中に、クリームがたっぷり入っています。写真は無いですが、ごくオーソドックスなパンだと思います。わたしが柔らかめなパンが好きなのもあるでしょうが、そのしっとり具合と言い、柔らかさと言い、クリームのバランスと言い、とにかく絶妙で本当に美味しいです。

さらに値段が150円という安さ。三ノ宮駅近くで賑わいを見せるお店だけあり、他に買った”マロンパイ”も惜しげも無く栗が2個入っていますし、どれもこれも目移りしました。正直、あんなパンを気軽に食せる神戸の方が羨ましいほどです。

 

  味    ★★★★★
価  格 ★★★★★
斬  新 ★★★
店舗立地 ★★★★
総合評価 ★★★★★

 

以上、どのお店も特徴ありますが、個人的に優勝を決めるならば、(本当は札幌という地が大好きなのでえこ贔屓したいのですが、それでも)神戸のKOLNさんです。今度行っても絶対に立ち寄りたいです。