MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

歌謡曲 第5回~スローモーション~

11月8日火曜日です。火曜日の曜日テーマ「歌謡曲」、今日はこちらです。

 

「スローモーション」(1982年5月1日発売 作詞・来生えつこ/作曲・来生たかお/歌・中森明菜

 

80年代、松田聖子さんと人気を分けたトップアイドル、中森明菜さんのデビュー曲です。作詞作曲は、こちらも当時人気を誇った、来生えつこ来生たかおの姉弟によるもので、昭和の歌謡曲の印象がはっきり残るものだと思います。

 

こうして書いてみて思ったのは、5月1日発売なんですね。来生たかおさんの作風のせいか、わたしには晩夏から秋のイメージに聞こえます。これは悪い意味ではなく、わたしは秋という季節が四季で最も好きですし、来生たかおさんの作品は好きなので、それらに共通するイメージで勝手に想像してしまっていました。

でもたしかに詩を読み返せば、2番には「夏の恋人候補 現れたの こんな早くに」と書いていますから、描かれているのは発売時期あたりなんでしょうね。

 

この曲の中で一番好きなパートはサビの前、「ふいに 背筋を抜けて 恋の予感 甘く走った」という部分。リズムの刻み方、そしてサビに繋がる盛り上がりが良いです。

 

来生えつこ来生たかおコンビは、この他にも「セカンド・ラブ」「トワイライト~夕暮れ便り~」なども曲提供していますね。

 

なかなか万全にならない中森明菜さんですが、たまに彼女の歌声を聴きたくなります。秋の夜に聴く「スローモーション」、いいですよ。