読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~10月23日編~

10月23日日曜日の朝、関東では肌寒い朝を迎えました。

 

そんな10月23日は電信電話記念日なのだそうです。

1869年9月19日(新暦10月23日)に、東京~横浜で公衆電信線の建設工事が始まったことから、1950年にこの日を電信電話記念日に定めたとのことです。

 

昭和生まれのわたしにとって、この「電信電話」という響きがとても懐かしいです。おそらく今の若い方には、耳にしたことが無いという言葉でしょう。現在のNTTは、Nippon Telegraph and Telephone Corporation の頭文字を取っていますが、日本電信電話株式会社という日本語正式名称には、今も「電信電話」という言葉は残っています。「電電公社」と言っていたのがはるか昔に聞こえるほど、この分野の時間の流れが速いですね。

 

小林明子さんの代表曲「恋に落ちて-Fall in Love-」では、「ダイヤル 回して 手を止めた」とあります。ダイヤルを回すという行為自体、今では見掛けなくなりました。実は偶然ですが、先週入った喫茶店(都内中心部)でランチを食べていると、”リリリリリリリリリン♪”という音が鳴りました。驚き振り向くと、そこにはピンク電話が。マスターである高齢の男性は、事もなげに話していましたが、その瞬間に昭和を感じさせられました。きっとあのピンク電話はお店とマスターの歴史を見てきたのでしょう。

国武万里さんの曲「ポケベルが鳴らなくて」は1993年ですから、既に電電公社から現在のNTTに変わったわけですが、わたしは高校生でした。まだ個人がPHSさえ持っていない時代でしたし、うちは田舎でしたので、ポケベルも持っていませんでした。「ポケベル」という言葉さえ、ほぼ死語ですね。それでも歌になるほど、当時は流行りました。ちなみにこの作詞は秋元康さん、息が長いですね。それに比べて国武万里さんは「あなたは今どこで 何をしてるの?」という(歌詞どおりの)状態ですが。

そして、PHS、携帯、スマホと時代は流れてきました。

40年ほど生きてきたわたしでさえ、家の黒電話、公衆電話(テレホンカードなんていうのもありましたね、一時期収集していました)、ポケベル、PHS、携帯、スマホと経験してきました。黒電話と公衆電話では、ダイヤルと受話器を上げる順番が逆で、混乱してしまったのを覚えています。これから先、平均寿命まで生きるとしたら、どれだけ変化するのでしょう。

 

個人的には、かつて所有していた電話加入権がうやむやになっていたり、もう20年使っているNTTdocomoの料金が全然安くならないなど、不満や疑問もあったりしますが、今やスマホ無しに生きていけなくなりました。それゆえに個人の自由が侵害されたり、犯罪に悪用されたりと問題もありますが、文明の利器が便利に適性に発展することを望みます。