読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

せき・くしゃみ エチケット

健康にまつわる話でもう一つ投稿します。

最近、関西圏の”はしか流行”が話題となっています。それに罹患する人がいることはやむを得ないですし、罹患したくて罹患する人はいないでしょう。

 

ただ、咳やくしゃみのマナーができていない方がいらっしゃるのが気になります(決して、罹患した方がそうだという意味では無いので誤解なきよう)。基本的に、口から出るもので衛生的なものはありません。嘔吐物など典型でしょう。咳やくしゃみをするときは、周囲に配慮して口を塞ぐのがエチケットだと思います。

 

しかし、どうでしょう。そのあたりの配慮が足りない方が少なからず目立ちます。

たとえば、大きなくしゃみをすれば偉いとでも思っているかのようなオジサン、いますよね。先日電車でいたのは、片手で吊革を持ち、もう片手でスマホをしている女性。くしゃみをするときにスマホを顔の前からどけて、口も押えずくしゃみをするという自己中心的な人でした。他人への配慮よりスマホが大事なんですね。

飲食店やコンビニ店員でも、くしゃみの際に手で押さえるまでは良くても、その手で商品を触ったりレジ打ちする方も何度も見たことがあります。

 

神経質に過ぎると言われるかもしれませんが、やはり腕で塞ぐ、ハンカチ等で塞ぐ、予めマスクをつける等がエチケットだと思います。

最近やたら耳にする”お・も・て・な・し”は、他の人への思いやりから生まれます。そうした思いやりは、他人を不快にさせない、心地よくさりげない行動に現れます。うわべの”お・も・て・な・し”ではなく、咳・くしゃみのエチケット等、日常から心掛けていきたいものです。