MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュースあれこれ

9月3日土曜日の朝です。先月以降、かなりバタついていて、なかなか毎日ブログを書く余裕が無いのですが、今週気になったことをいくつか書いておきます。

 

東急田園都市線で走行中の車両ドアのガラスが破損(9月2日 各社報道)

写真を見る限り、車両は旧型のようですが、鉄道会社が言うとおり、3倍~4倍の強度を持つはずのガラスが簡単には割れないでしょう。勿論、諸条件が重なったり、劣化が予想以上に進行していたり、絶対とは言い切れませんが、混雑で押された程度でガラスが割れるのだとすれば安心して電車に乗れません。

当初は乗客同士のトラブルで、男性が男子高校生の顔を持ってガラスに突っ込ませたという情報もあり、それ相応の力が働いたことになるでしょう。

いずれにせよ、事故なのか事件なのか分かりませんが、被害の男子高校生が命に別条なく済んだのが不幸中の幸いです。

 

●高校生のいじめ自殺にも見舞金(9月2日 各社報道)

従前は小中学生の自殺を対象にしていた災害共済給付制度に基づく見舞金について、今年4月からの事例に遡り高校生の自殺についても対象とするよう、政府が政令改正を決めた、というもの。

同制度は、日本スポーツ振興センターが運営し、通学中や部活動などで発生した事故や災害に対して見舞金や治療費を支払う仕組みです。

高校生については、成人同様の判断能力を有していることから、給付対象外とされてきたのですが、小中学生同様、心理的な負担による場合は責任を負わせることはできない、というのが改正に至った理由のようです。

理由説明については個人的にはスッキリ納得できるものではないですが、実態として小中学生と同じく”ほぼ”義務教育である高校生の自殺についても、亡くなった方の遺族への補償を行うという整理をしたのだろう、と理解しています。

 

●玉ねぎの価格高騰

玉ねぎの生産量は、1位が北海道、2位が佐賀県です。

北海道については、度重なる台風被害が影響し、畑が冠水してしまいました。秋季や冬季の玉ねぎは北海道産が多くを占めるので、その被害は計り知れません。

そして第2位の佐賀県では、暖冬が影響したと言われますが、べと病という病気によって、例年の半分以下程度の収穫量にとどまっており、その大きさや質も例年には及ばないと言われています。

玉ねぎは比較的安いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、今年はやたら”高い”と感じる根付になっています。2大生産地同時の不作がもたらす影響は大きいですね。

ちなみに生産量3位の兵庫県(淡路島中心)は問題が報じられていませんが、その生産量で北海道や佐賀県を補うことはできないので、今後もしばらくは高値で推移するものと思われます。カレーの価格にも影響していくかもしれませんね。

 

最後に、個人的に気になった嬉しいニュースを一つ。かつて生みの親であるサクマさんがシリーズの終了を宣言され、5年にわたり新作が出されなかった「桃太郎電鉄」シリーズ最新作が、この冬にも発売となるようです。任天堂が発表したもので、詳細は明かされていませんが、今後の情報リリースが楽しみです。