読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

男性の喫煙率 初の3割割れ

7月28日木曜日の夜になりました。

 

今日のニュースで、男性の喫煙率が初めて3割を割ったというのを見ました。うちの職場は比較的喫煙率が高く、全体の半数ぐらいが吸っています。実はわたしは、生まれてこのかた1本も吸ったことが無いので、禁煙なるものの苦労が分からないのですが、値上げが続く中でやめずにいる人たちの意見を聞くと、多くは昔からの習慣で吸わずにいられないというもの。あとはストレス発散だとか、少数意見としては、喫煙所で行う情報交換が有意義なので(ホントか??)吸っているというものも。

 

いずれにせよ、やめる気が無いらしいです。その一方、世間全般では3割を割ったというのは、やはり値上げの問題に加えて、喫煙に対する見方の変化というのも大きいのだろうと思います。わたしの学生時代なら、「男なんだからタバコの1本も吸ってカッコつけなきゃ・・・」なんて意見も聞かれましたが、今やタバコ=カッコいいという概念はあまり無いものと思っています。むしろ、たばこの臭いが衣類等に付着していると、正直少し敬遠してしまいます。

 

うちの職場の喫煙率が高い理由は、職場がほぼ男性で占められており、喫煙自体がまだ自然な環境にあるため、あまり禁煙をするという動きになっていないのだと思います。かつては路上でも車内でも職場でも堂々と喫煙していた方々が、どんどん肩身が狭そうに喫煙ルームに追いやられるのを見ると気の毒にも思いますが、まったく吸わないわたしからすれば、近くでその臭いがすることも嫌なので、分煙・禁煙の流れは助かっています。それでも男性喫煙率が3割を割ったというのは、正直驚きでした。