MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 法科大学院の今後

6月10日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

本来、先週取り上げたかったのですが、先週は生きものニュースが連発だったために今週にずれ込みました。法科大学院(ロースクール)のニュースです。

 

法科大学院とは何か

法曹の世界に要求される高度な学識や能力を養うことを目的とする専門職大学院のことを法科大学院といいます。米国のロー・スクールをモデルにしているため、ロー・スクールとも呼ばれ、修了により法務博士の学位と司法試験の受験資格が付与されます。

 

法科大学院制度導入の経緯

かつては司法試験合格のために、司法試験予備校に通うことが一般的でしたが、受験対策に特化することにより、合格者の質の低下が懸念されていました。また、裁判その他における法曹人口の需要が拡大すると見込まれていたため、その質を維持しながら、法曹人口を拡大させるという目的で、専門職大学院が設けられました。

 

◆法曹を目指す学生の実態

医師もそうですが、法曹も難易度の高い専門試験に合格する必要があります。その狭き門に合格するための前段階として、法科大学院に通わなければなりません。つまり、合格のために要する時間と費用が、通常の学生に比べて大きくなるわけです。

それでも以前は、司法修習期間中は、月額20万円の給費制が採られていましたが、国の財政負担軽減を理由に廃止となり、かわって無利息で月額18~28万円を貸与する制度が採られました。貸与ですから、修習修了5年後からの10年間で返済義務があります。

つまり、合格前にも相当な経済的負担を要する上、修習期間中も借り入れを受けるため、いざ法曹の世界で働き出す段階で何百万という借金を負っていることも少なくなかったようです。少しでも負担を軽減しようと、アルバイトに励む学生もいると、法曹の専門家から聞いたこともあります。

 

◆弁護士の収入

そこまで苦労し、そこまで経済的負担を負って始める法曹の仕事ですが、弁護士になるという道がポピュラーでしょう。その弁護士も、様々な規制が緩和され、事務所の在り方にもビジネス感覚が必要な時代になってきました。

結果的に、弁護士間の収入格差が著しくなったと聞きます。これも弁護士に聞いたのですが、低収入の弁護士はアルバイトと変わらないくらいの収入しか無いそうです。

当初、国が見込んだほどに法曹への需要は高まらず、法曹人口のみが増加したことにより、ある意味飽和状態が生まれたことも問題の一つでしょう。

 

◆法曹志望者の減少

時間と費用が掛かり、借金を背負うリスクがあり、業務量の確保も見通せない。こうした負のイメージが定着してしまった法曹の世界に対し、志望者数の減少が続いています。法科大学院への志願者数を見ると、制度開始の平成16年度は72,800人だったのに対し、平成29年度では8,159人と、実に11%にまで減ってしまっています。

 

法科大学院の定員割れ

こうなると、法科大学院の経営に影響が生じてきます。70以上あった法科大学院の中でも、合格者数や地域差の影響から志願者が減少する大学も現れ、これまでに半数近い法科大学院が募集停止に追い込まれる事態となっています。

わたしがショッキングと感じたのは、立教大学青山学院大学といった、大学受験の世界では”GMARCH”と呼ばれる有名私立までもが、閉鎖を決めたことです。

 

◆今後の流れ

法曹への需要が大幅に増えるわけではないため、当初の見通しは修正され、司法試験の合格者数も絞られてきています。

また、2016年12月19日に、司法修習生に対し、一律月額13万5000円を給付する制度の新設方針が明かされ、併せてアパート等の賃貸費用も必要に応じて給付されることとなり、ひとまず借金地獄からのスタートという問題は緩和されました。

こうして、結果的には、法科大学院という専門職大学院を経るというプロセスに変化はあったものの、従前に近い形に戻りつつあると言えるのではないでしょうか。

それでも全国にかなりの数の法科大学院があります。無試験で入れるわけではないので、ここまで法科大学院の数は必要ないと思われます。

志願者による自然淘汰が進み、最終的にはさらに閉鎖の学校も増えることでしょう。

 

獣医学部の問題が世間を騒がせていますが、需要と供給のバランスをしっかり見極めておかなければ、本来の趣旨にそぐわない結果を招きかねません。

マニアな小ネタの世界 第13回~血液型ブーム再来?~

6月9日 金曜日 マニアな小ネタの世界第13回

 

こんばんは。

今夜は、一時期下火になっていた”血液型”の話題です。最近またテレビや本の媒体で見るようになりました、ブーム再来なの?と感じています。

 

もう日本では鉄板ネタですよね。そのたびに、人間を4分類なんてできないよ~、と結論付けて、科学的根拠は何もないというオチでブームは去るのですが、それでも飲み会の席や人のうわさをするときには、うってつけのネタですからね。

これに加えて、最近は、出生順(長子、中間子、末子、一人っ子)の影響も加味して、血液型を語るのもブームになっているようで、飲み会でもそのテのネタ、多いです。

 

かくいうわたしは、”B型””一人っ子”という、ものの本によれば究極的な人間なのだとか。世間で言われるところの、マイペース、好奇心旺盛、明るい、自己中心的、独創的というB型の要素を、一人っ子という生育環境が助長し、地球に生きる宇宙人のように映るそうです。たしかに、とても穏和で真面目で超普通の人っぽい!という感想の前に、気になる”一見すると”という語句がつけられます。その言葉要らない!って思っても、その後には、長く付き合うと、典型的なB型だよね!っていう笑いになるんです。

でも、一部の”あるある”で書かれているような、B型は「良く言われることがないから、血液型ネタは嫌い」という意識は(少なくともわたしは)一切なく、むしろわたしを話の中心にして笑ってくれて嬉しい!と思ってしまいます。むしろ、もっと弄ってよ、もっと構ってよ、と。でも、この目立ちたい、構って欲しいときに構って欲しい、というわがままな欲求もまた、B型の特徴なのだそうですね(笑)自分大好き!という。

 

一人っ子的なところもそうで、いつも何かを妄想してます。電車に乗ってるときも、お風呂に浸かってるときも、寝る前の少しの時間も・・・「もしもシリーズ」みたいなことを妄想してるうちに、なんだか頭の中が楽しいことになるんです。もう頭の中では自分にとって楽しいことで溢れているので、次に来る楽しいことばかり考えて、前向きな気持ちでいつも生きています。これも”平和だねぇ”と呆れられます。

 

結局、持って生まれた先天的な血液型による性格と、後天的に身に着く生育環境や社会環境による性格で人格形成されていく、というのはあながち間違いでないのでしょうね。テレビの実験で、幼稚園児・保育園児の子どもたちを血液型別に分けて、同じ課題、同じ状況での反応を見れば、明らかにB型は独創的ですよね。そして面白いことを創造していたり、動き回っていたり。真面目にやってるA型の子、偉いと思います。

 

まぁ、こうして様々な条件で変わる要素はありつつ、血液型も一定は影響しているのだろうと、わたしは思っています。このプチブーム、いつまで続くか知りませんけど、しばらくは本やテレビをきっかけに、知人間での話題に上ることでしょう。

小さな旅 今年のGWを振り返る

6月8日 木曜日 小さな旅第13回

 

こんばんは。

ゴールデンウィーク(以下「GW」)が明けてちょうど1か月経ちました。昨年のGWは、金沢と新潟を巡ったのですが、今年は群馬と長野に行ってきました。

 

群馬県磯部温泉

群馬県安中市にある磯部温泉。山道というほどの山道でもない道を進むと、温泉宿が集まる地域が見えてきます。この磯部温泉は、「♨温泉マーク」発祥の地と言われていますから、温泉大好きなわたしとしては、是非訪れたかった場所でもあります。

お世話になったのは、ホテル磯部ガーデンさん。

f:id:Masa_S:20170603073146j:plain

なにせ、中庭が落ち着いた和の風情で、夜のライトアップもまた素敵でした。客室数も多いのですが、とにかく落ち着いたお宿で、静かに時間が流れている、そんな印象で日頃の疲れも癒されました。温泉はサラッとした感じですが、お風呂上りしばらくは芯からポカポカして、”温泉に入ったんだなぁ~”と思わせてくれます。お料理も一つ一つ丹精込めて丁寧に作られていて、このお値段で良かったのかな、と思うほど。

f:id:Masa_S:20170603073456j:plain

そんなお料理の御膳の中に置かれた器。なんだかわかりますか?雀です。こちらの宿は、子どもの頃一度は聞いたことがあると思います、舌切り雀のお話の舞台でもあるそうです。敷地内には、神社もあり、由緒を感じました。

また当日は、群馬県の人気マスコット、ぐんまちゃんも遊びに来ていて、個人的には至れり尽くせりな宿泊となりました。

 

◆長野県・昼神温泉

翌日は、お隣の長野県に移動です。今回は、その行程のほとんどを一般道で行きましたが、群馬県も長野県も面積が広いですからね、それなりの時間が掛かります。

しかも昼神温泉は、ほぼ岐阜県との県境の長野県ですから、遠さもひとしおです。

こちらも山間の阿智川に沿った温泉地。正直、もっとこぢんまりした温泉地かな、と予想していましたが、いやはや立派な宿が立ち並ぶ温泉地でした。

お湯は磯部温泉よりも肌にまとわりつくぬめりがあり、これもまた温泉らしさのあるお湯でしたね。宿の名物という洞窟風呂に入ると、なぜか狭い場所なのに落ち着きます。食事場所は予め決められたテーブルで、他の宿泊客と程よい距離が保たれており、グループで会話を楽しめるところでした。

翌朝、実はすごく期待していた場所に、早くから出掛けました。

f:id:Masa_S:20170603074255j:plain

同行者はあまり気乗りしていなかったようですが、行ってみれば皆ハイテンション。青く澄んだ空、綺麗な雲、そして涼しい風。そこには幻想的に咲く花桃が奥まで続きます。赤、桃、白と色鮮やかな花桃は、地元では有名だそうで、朝早くにもかかわらず人で溢れていました。5月だけに鯉のぼりも掲げられ、気持ちよさそうに泳いでいました。

f:id:Masa_S:20170603074516j:plain

帰りは高速道路を利用しました。この昼神温泉、実は中央自動車道のICから意外と近く、驚きでした。中央自動車道諏訪湖SAで早めの昼食でしたが、やはり長野県に来ればコレ。信州そばも惹かれましたが、ソースかつ丼でしょう。ボリュームたっぷり、味はしっかりなソースかつ丼に舌鼓を打ったのでした。

 

わたしは、メジャーな温泉地も好きですが、こうした少し控えめな温泉地も好きです。たとえば九州では由布院や別府がメジャーですが、杖立温泉が好きだったり。今回も大満足なGWとなりました。

働き方 プレミアムフライデーの次は・・・

6月7日 水曜日 働き方

 

こんばんは。

 

政府の働き方改革の一環であり、経済効果も狙った「プレミアムフライデー」。2月こそメディアでも取り上げられ、3時退社で居酒屋に集まるサラリーマンの姿が大きく報道されましたが、それも今や昔の話のよう。

多くの企業が事業年度決算期を迎える3月、大型連休を前に仕事を終わらせたい4月、と2か月連続で「プレミアムフライデー」は無視され、その流れの方が定着したためか、続く5月も「あれ?今日はプレミアムフライデーだっけ?」と忘れ去られていた感が強いです。出だしで躓くと、もう挽回は厳しいでしょうね。

そもそも、昔から日本では、5や10の倍数日、それに月末は忙しいとされるもの。営業の世界なら月初も忙しいですよね、見込しなきゃいけないので。

そんな、民間では”当たり前”なはずのことを無視し、なぜに月末金曜日に「プレミアムフライデー」を設定したんでしょうか。アイデアは役所かもしれませんが、もう少し事前の調査をして、多くの意見を踏まえて設定すればこんなことにならなかったのでは・・・と思ってしまいます。”ハナキン”なんて言葉はもう昔のことですよね。土日も働く、24時間営業する、そんな平成の今、言葉に惑わされてはいけません。

たとえば週の真ん中、水曜日。ノー残業デーの企業も増えています。週の中日に早く帰れるだけで、気分も少し楽になります。実際、わたしもサラリーマンだった時代、水曜日に知人との会食や職場の飲み会を設定していました。”あと2日行けば、また休める”という安心感からか、この水曜日ノー残業デー効果は大きかったです。

月の真ん中にあたる水曜日を「プレミアムウェンズデー」にでもすれば、また違った結果になっていたかもしれませんね。もちろん、タラレバの話ですが。

 

さて、そんな汚名返上とばかりに政府が検討している次なる手が「キッズウィーク」。総理の発言を号令に、6月1日に提出された教育再生実行会議の第十次提言にも盛り込まれることになったようです。言われているのは、夏季長期休暇を5日間短くし、別の時期に移動させて5日間の連続休暇を設定する。それを地域ごとに分けて設定するというもので、シルバーウィークを意図的に作り出すような感じなのでしょうか。

そう言えば、たしか民主党(現 民進党)政権時代にも、休暇の分散化議論あった気がします。いつの間にか立ち消えになりましたけど。

「子どもと向き合う」という大義名分を掲げています。たとえば、ある地域のキッズウィークが秋の一週間だったとします。地元密着型で経営者の判断で閉めやすい企業は、それに合わせて会社も休む、全員休もうね!と言えるかもしれません。

しかし、全国展開している企業はどうでしょうか?一部地域で一週間休みが許されるかどうか。あるいは取引先が納品を求めているのに、地域のキッズウィークだからという理由で業務を止められるかどうか。そして人手が薄くても営業を続けるとなれば、そもそも交替で休暇取得することになり、キッズウィークの大義名分である子どもの休みと親の休みが一致しなくなってしまいます。

それでも大義名分を実現しようとすれば、今度は既婚者子持ちが優先で、子どもを持たない既婚者や、独身者にしわ寄せがきます。この地域のこの週はキッズウィークです!と決めてしまうことで、どこか不公平感を生んでしまう気がするのです。

 

ただでさえ、子ども手当という名の支給で、子どもがある家庭と、それ以外の家庭の不公平感があります。それでも、子どもの貧困が叫ばれ、少子高齢化の時代に、しっかり子どもを社会で育てようという趣旨は理解できるので、我慢している人は多いでしょう。それに加えてキッズウィーク、子ども保険・・・と、「お子様」をだしにした耳障りの良い政策を次々出されると、ちょっと待てよ、と思う方も少なくないはずです。

 

少し話が逸れましたが、大切なのは、休みたいときに休める環境をいかに整えるかであって、この地域だから休みましょう!と決めてしまうことではないと思うのです。

国民のための政策を日夜考えてくださる役所や政治家の皆さんが出される政策が、次はどのようなものなのか、期待してみたいと思います。

乗り物 第26回~日野自動車のデザイン~

6月6日 火曜日 乗り物第26回

 

こんばんは。

今夜は少し変わりダネですが、トヨタの子会社であり、現在は乗用車部門から撤退してバスやトラックのメーカーとなった日野自動車です。

 

前にも少し書いたことがあるかもしれませんが、わたしは路線バス好きです。残念ながら現在の国内市場では、いすゞ&日野のジェイバス連合と、三菱ふそうに二分されていて、路線バスの多様性が失われていますが、路線バスのデザインには興味があります。

たとえば、先代の日野ブルーリボンや日野レインボーは、直線基調でありながら、微妙に張り出したウィンドウ付近からストンと落ちるリアデザインが大好きで、力強さと繊細さを併せ持ったデザインだと内心絶賛していたのですが、フルモデルチェンジにより、ライト形状が異形となり、リアの処理も丸みが取れて単調になりました。

”悪い方にフルモデルチェンジしたな”と内心思っていた矢先です。

 

路線バスは残念なのですが、トラックです。大型の日野プロフィアと、中型の日野レンジャー、CMを見て、思わず”カッコいい!”と釘付けになりました。

トラックなんてどれも同じでしょ?と思うかもしれませんが、いやいや、トラックもカッコよさが必要です。働くクルマの代表格ですし、トラック運転手が減る中で、憧れてもらうための訴求力があるに越したことありません。

わたしは、強面なデザイン(たとえば、トヨタヴェルファイアヴォクシーなど)は、威圧的で好きじゃないですし、やたら乗用車が悪顔になっているのは辟易しています。しかし、この新型トラック2種は、たしかに威圧感アリアリなのですが、下品になる一歩手前で踏みとどまっている。人間で言えば、キリッとしたキツネ顔のジェントルマンな感じとでも言いましょうか。これ以上ライトを薄くしたり、これ以上ライトの角度を上げてしまうと破綻する、ギリギリのところで踏ん張ってくれているんです。

 

今回のフルモデルチェンジは、排ガス規制、燃費向上、安全性能という、厳しい要求を満たすべく行われたものですが、インテリアも乗用車に負けず劣らずな豪華さを持ち、エクステリアデザインもわたしのツボとあって、久々にトラックを見てカッコいいなぁ、と思った次第です。バスで残念な気持ちになった分、トラックで実力を見せつけてくれた日野自動車のデザイン力に、今後も期待しています。

あくまですべて個人の好みで述べてますから、その点ご容赦ください。

【特集】荒木選手2000本安打達成に想う

6月5日 月曜日 【特集】

 

こんばんは。

6月3日の対楽天戦で、中日ドラゴンズの荒木選手が2000本安打を達成しました。右打ちでライト前に落とす、”らしい”安打での達成は、ファンの記憶に残ることでしょう。

 

わたしが荒木選手を知ったのは、野球ゲーム「実況パワフルプロ野球5」で遊んでいたとき。ドラフト1位入団したのは知っていましたが、走力以外目立ったところはなく、内外野守れる選手なんだな、くらいの印象でした。その荒木選手が、まさか2000本安打を打つなんて、思いもしませんでした。

 

やはり頭角を現したのは、2004年から指揮を執った落合監督の下でしょう。荒木→井端(現 読売ジャイアンツコーチ)→森野 と続く上位打線、「アライバ」と言われた二遊間は6年連続のゴールデングラブ受賞で、バックトスなど、幾度となくその華麗な守備がテレビでも映し出されていました。

 

そんな荒木選手は、落合監督就任の報に触れたとき、「出番が減る」と思ったそうです。それは無理も無いですよね、落合さんと言えば知らない人はいない程の打撃職人であり、日本のプロ野球界において唯一の3度の三冠王受賞者、節目のヒットは狙い撃ちのホームランで飾るなど、天才的な打撃で鳴らした人です。

しかし、ご存知のとおり、打撃の難しさを知る落合監督だからこそ、「1点多くとればいい」「1点もやらなければ負けは無い」と、ひたすら地味に点をとり、ひたすら1点を守り抜く野球に徹したのです。それは落合監督の持論のようですね。現に、現役時代もひたすら走者を進塁させる凡打を練習したり、サヨナラ満塁の場面で代打を送った理由が「選球眼が一番良いから押し出しを選ぶと思った」と語るなど、凡人の想像し得ない理論で現役、監督を務め、実績を残したわけです。

その落合監督の理論に最適だった荒木選手は、「荒木なくして俺の(監督としての)野球は無かった」と言わしめるほどの守備で生き残りました。落合監督は当時、守備でも走塁でも、何でもいいから一つ武器を見せてくれ、と言っていました。それをどう使い切るか、生かすも殺すも俺の責任だ、とも。そのお互いのニーズがかみ合ったからこそ、荒木選手の今があるんでしょう。勿論、命がけの練習あってこそですが。

 

そんな荒木選手の2000本に花束を贈ったのが、入団時の監督であり、達成日の対戦相手だった楽天副会長の星野仙一さん。落合さんとは対極の感情を前面に出す星野さんが荒木選手の頭をもみくちゃにしながら称えていたのも印象的でした。おそらく「よ~やったな!」とでも言ったのでしょう。

地味でも、自分の強みを活かせば、きっと生きる道がある。それを教えてくれた荒木選手の記念打は、感慨深いものでした。39歳。先は長くないかもしれませんが、その守備と、しつこい打撃で、これからも頑張って欲しいですね。

今日は何の日?~6月4日編~

6月4日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

日曜日テーマ「今日は何の日?」、6月4日、語呂合わせとくれば、多くの方が頭に浮かびましたね、そう「虫の日」なのだそうです。

 

わたしは子どもの頃、西日本の田舎に住んでいました。この時期になると蛍が舞いました。夏休み、夕方に木に蜜を塗っておけば、翌朝のラジオ体操前に木を蹴ると、カブトムシやクワガタが落ちてくる。ノコギリクワガタミヤマクワガタヒラタクワガタも。虫かごと網を持って走り回る子、カブトムシを対決させて遊ぶ子、そんな風景がそこかしこに広がっていました。

なので、虫自体、とても慣れていた・・・はずです。それが、どうも大人になると、虫というものが嫌いになりましたね。都会に来たからではありません。

 

昨年、とある記事に目が留まりました。大人の多くが虫が嫌いな理由。それは、子どもの頃は好奇心旺盛で、色々触れたり観察しようとするものの、周囲の大人が”気持ち悪いもの”として扱っているのを目の当たりにする「観察学習」の影響が一つあるそうです。他に、人間と同じような早さで、あるいは動作で動くものは親しみを感じる一方、それと相容れない動きや早さのものに嫌悪感を抱きやすいのだそうです。つまり、人間のスタンダード、人間の常識に照らし、人間は成長に連れて虫が嫌いになるのだとか。

 

わたしも昔は素手で触っていましたが、今はカブトムシを見ても触りたいとはあまり思わなくなってしまいました。

 

一方で、害虫は昔から苦手でした。わたしは特にムカデがダメで。田舎だったために、年間20匹ほどは家の内外で遭遇するのですが、子どもながらにあの見た目と動きは嫌悪感以外感じませんでした。殺虫剤メーカーでは、その効能を調べるために、ムカデも飼っているそうですが、もはやわたしに絶対勤まらない仕事ですね。

なんだか嫌な気分になってきたので書くのをやめますが、今日は虫の日でした。