MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

乗り物 第41回~懐かしのバブルカー 第2回・クレフ~

10月17日 火曜日 乗り物第41回

 

こんばんは。

今夜も「懐かしのバブルカー」シリーズをお送りします。

f:id:Masa_S:20171004170720j:plain

皆さんに質問です。このクルマの名前は何でしょうか?

相当難易度が高い問題ですよ。おそらく多くの人の記憶から忘れられ、いや、生み出したマツダさえも忘れたい”負の遺産でしょうね。

 

バブルの最中、ファミリア、RX7などで手堅く販売台数を伸ばし、高級セダン・センティアでも一定の成功を収めたマツダは、そのシェアを一気に拡大すべく、「5チャンネル政策」に打って出ます。販売シェア首位のトヨタ、2位の日産は、いずれも販売チャンネルを複数持っており、ベースを同じくして外観を変える「兄弟(姉妹)車」で販売台数を大きく稼いでいました(マークⅡ3兄弟等)。

そこに3位争いをしていたマツダ”うちも販売チャンネルを増やそう”と取り組んだのが、「5チャンネル政策」です。

マツダアンフィニ/ユーノス/オートザムオートラマ

もはやオートラマという言葉を書くことは一生無いだろうと思っていました。

 

この政策の結果、世に送り出された数々のクルマたちでしたが、残念ながら成功したと言えるのはごく一握りで、企業規模に合わない中で乱発されたクルマたちは短命で消えてしまいました。本来、ミドルサイズセダンは当時主力になるべきで、マツダが持っていた「カペラ」を刷新した「クロノス」は、その中心を担う役割を負っていました。

f:id:Masa_S:20171004172029j:plain基幹車種になるはずだった「クロノス」

さすがに長兄にあたる「クロノス」は、それまでのカペラのイメージを刷新し、スタイリッシュなミドルセダンとして気合が入っていました。さらにヨーロッパを意識したチャンネル「ユーノス」から登場した「ユーノス500」も、販売こそ湿りがちでしたが、かのジウジアーロ氏をして”美しい”と評価されるなど、一定の支持を受けました。

f:id:Masa_S:20171004172453j:plainユーノス500は「10年基準」と言われたが・・・

しかし、「クロノス」とあまり変わり映えしないばかりか、ブランド力の無いところで登場した「テルスター」「MS-6」はパッとしませんでした。

f:id:Masa_S:20171004172900j:plainテルスター

f:id:Masa_S:20171004172922j:plain日本に車名が馴染まなかったアルファベット+数字のMS-6

そしてこのイマイチ掴みどころの無いデザインから派生し、オートザム店で展開されたのが、冒頭の問題の正解となる「クレフ」です。

いくらバブルでも、この「クレフ」に車両本体価格で220~260万ほど出す人はほぼいませんでした。改めて見ても、どさくさに紛れてよくこのデザインを送り出したな、と感心します。全般もそうですが、特に、真ん中に鼻くそのように独立したライトは、3代目ソアラトヨタ)のトレンドを汲んでいたのでしょう。そのソアラもほぼ失敗作、同一傾向のホンダ・CR-Xデルソルも失敗した中でのチャレンジ精神には拍手です。

f:id:Masa_S:20171004173833j:plain独立ライトの3代目ソアラ。まだ纏まりはあるか・・・

 

あまり奮わなかった「クロノス」の上物を乗せ換えても振るわないわけで、かくして一連の「5チャンネル政策」失敗は「クロノスの悲劇」と言われるのですが、中でも「クレフ」はその象徴でしょうね。4年が通常のフルモデルチェンジサイクルだった当時にあって、2年持たずに生産終了となりました。総生産台数5,258台。激レアです。

ちなみにもう1台、「クレフ」と同じく存在感の薄い兄弟車が存在します。クーペボディの「MX-6」、こちらもまた販売台数は5,500台程度と、レアですね。

f:id:Masa_S:20171004174446j:plainMX-6についてはコメントありません。

 

もしかつて所有してたという方がいらっしゃれば、気を悪くなさらないでください。しかし、「クロノスの悲劇」の立役者となった「クレフ」「MX-6」というクルマが、間違いなくこの世に存在したということを、覚えていてあげて欲しいのです。

ここから初代デミオで盛り返すまで、マツダは大苦戦を強いられました。正直、メーカーとして存続できるのか?とさえ個人的には思っていました。

しかし今のマツダの躍進ぶりは皆さんの知るところでしょう。技術屋の意地とも言えるスカイアクティブシリーズやロータリーエンジン。一連のハイレベルなデザイン。かつて言われた”マツダ地獄”のマツダとは決別し、評価は上昇の一途です。

その過程にあって、捨て石となった(であろう)「クレフ」に、今夜も合掌。

歌謡曲 第40回~木枯らしに抱かれて~

10月16日 月曜日 歌謡曲第40回

 

こんばんは。 

 

今回取り上げる曲はコチラです。

「木枯らしに抱かれて」(1986年11月19日発売 作詞・作曲/高見沢俊彦、歌/小泉今日子

 

紅葉が進みつつありますが、やがて葉が落ち始め、吹き抜ける風に寒さを感じる頃になると、この曲がピッタリな時期になります。

この曲の良さは、淡々と刻まれるリズム、抑揚の少ない曲調だと思います。師走に向けて足早に去っていく秋、そして向こうからやってくる冬、そんな街の様子がわたしの脳裏には浮かびます。皆さんはいかがですか?

 

曲としては3番になるのでしょうか、「白い季節の風に吹かれ 寒い冬がやってくる」でキーが上がるあたりで、身が締まるような、まさに冬の寒さにブルっとくる感じがあります。やはり秋でも晩秋を歌った歌ですね。

 

「木枯らしに抱かれて」は小泉今日子さんの代表曲ですが、後に作詞・作曲の高見沢俊彦さんがメンバーであるアルフィーによってもセルフカバーされています。

少し違うアレンジで、また楽しめると思います。窓を開けて寒い風が吹き込んでくる時期、ぜひ聞いてみてください。もちろん、風邪など引かないよう気を付けてくださいね。以上、今週の「歌謡曲」でした。

今日は何の日?~10月15日編~

10月15日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

曜日テーマ「今日は何の日?」ですが、

10月15日=きのこの日

なのだそうです。1995年、日本特用林産振興会が定めました。秋はきのこが美味しい季節です。きのこ汁に舞茸のてんぷらなど、数え上げるとキリが無いほどです。

スーパーでもついきのこに目が留まりますが、気をつけたいのが毒キノコです。毎年のように、きのこ狩りで毒キノコを採取し、食中毒になったニュースを目にします。かつて道の駅で誤って売られていたという例もあったほど、知識や経験がある方でも間違うことがあるわけで、きのこ狩りを楽しむ方は十分に注意してください。

 

話は脱線しますが、先日出張先のホテルから夕飯を買いに出たとき、思わず自分へのご褒美で「大人のたけのこの里」を買ってしまいました。わたしはきのこ好きで、たけのこ嫌いなのですが、ことスナックに関しては逆。「きのこの山」より「たけのこの里」が好きなんです。いまだ収まらぬ、きのこたけのこ論争、わたし世代は「たけのこの里」派が多いそうですが、今は大人向けのビターなものも加わり、今後も愛され続けるのでしょうね。もちろん「きのこの山」も美味しいと思いますよ。

 

と脱線してばかりでしたが、「今日は何の日?」10月15日編でした。

気になるニュース 10月7日~10月13日

10月14日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

今週は汗ばむ陽気があった中、週末からはグンと冷え込み、今朝の関東はブルブルっと震えがくるほどに寒い朝を迎えました。このまま秋が深まるにしても、また暑さがぶり返すにしても、健康管理が難しい時期ですね。お気を付けください。

 

■「那覇の空に、ぽっかりドーナツ雲」(沖縄タイムス+プラス 2017年10月10日)

10月9日午後6時頃、沖縄県那覇市久茂地の空に現れた雲は、真ん中が丸く空いたドーナツ型の雲でした。沖縄気象台によれば、太陽の角度によって円形の雲に穴が開いているように見えたり、上空5~13キロに発生する「上層雲」が広がっている場合に見られる現象なのだそうですが、夕陽に照らされピンク色に染まったこの雲、まるで某社の「〇トロベリーリング」のようですよね。時間が午後6時頃、帰宅途中にわたしが見たならば、きっとお腹が空いて買ってしまったかもしれません。

 

■「阿波踊りアニメポスター再び返礼品に」(毎日新聞 2017年10月7日)

生命保険料控除の証明書も届き始め、気温も下がって師走を意識し出すこの時期、ふるさと納税も駆け込み需要が高まる時期でもありますよね。

徳島市では、ふるさと納税の返礼品として、2017年版の阿波踊りアニメポスター(B1判)を追加するそうです。若手職員の発案で今年1~3月の期間限定で初めて返礼品にすると、全国から381件2506万円が寄せられたそうで、とりわけ2009年からの阿波踊りポスター17枚をセットにした10万円以上のコースが最も人気だったと言いますから、こうしたアニメに関心がある方にとっては”待ってました!”の駆け込み納税先になるかもしれませんね。

たしか徳島市は、市営バスにもアニメラッピング車を走らせたことがある”隠れた”(わたしが知らないだけ?)アニメの町だったと思います。

 

「ウォーリーうじゃうじゃ 4626人、ギネス記録更新」(朝日新聞デジタル 2017年10月8日)

長崎県佐世保市ハウステンボスで今月8日、人気絵本のキャラクター「ウォーリー」に仮装した人たちが集まり、人数の多さでギネス世界記録に挑む催しが開かれ、2011年にアイルランドで作られた記録(3872人)を大幅に上回る4626人となり、晴れてギネスの世界記録として認められたそうです。

赤白ストライプで赤いポンポン付きのニット帽、透明レンズのメガネ、赤白ストライプ柄の長袖Tシャツなどが、ウォーリーと認められる条件で、帽子を脱いだりメガネを外したりしないで、5分間そのままだった人を数えたのだとか。

と関心ありそうにこのニュースをご紹介していますが、わたし個人は、正直、ギネスのこの手の記録はまったく関心無いんです。きっと参加されている方は楽しまれたと思いますが、あまりにも”何でもアリ”な記録のオンパレードに食傷気味だったりします。

ノリが悪くて本当に申し訳ありません。

 

■「ドローンにバードストライク、海上飛行中に墜落」(読売新聞 2017年10月12日)

今年8月、福井県おおい町で、鳥と衝突した無人小型機「ドローン」が墜落していたことが判明したそうです。個人所有のドローンを飛行させていたところ、トビと見られる鳥に衝突し、制御不能となってしまったのだとか。

幸い、墜落による人的・物的被害は無いそうですが、上からの落下物は避けるのが難しいですよね。実際、2月には神奈川県内で、落下したドローンにより大ケガをしたという事故も起きているそうです。

空撮や緊急物資の輸送、過疎地域への物資の輸送など、”安全”が求められる目的で大いなる活用方法が期待される一方、無闇に拡大すれば、こうした事故や個人情報流出など”危険”を生み出す可能性もあります。文明の進化は一定の危険がつき纏いますが、今後の法整備や管理がしっかり行われることを望みます。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。

 

なお、今週も秋の長雨が続く地域が多いようです。日本には「傘傾げ」という言葉があります。狭い場所でのすれ違い、傘を傾けてお互い配慮することです。同じように、畳んだ傘の持ち方でも周囲への配慮、気を付けて欲しいと思います。わたしはまだこのトラブルに巻き込まれたことありませんが、場合により他人に大ケガさせますからね。

f:id:Masa_S:20171014073953j:plain

こうして後方に向けて振り続ける持ち方、この方もそのまま昇りエスカレーターを上がっていきました。後ろに子どもがいたら・・・と思うとゾッとします。なぜ鉄道会社や傘のメーカーなどがもっと注意喚起しないのか、いつも不思議なのですが。

【特集】東京モーターショー企画 DAIHATSU/SUZUKIへの想い

10月13日 金曜日 【特集】

 

こんばんは。

今週4回にわたり組んできました「東京モーターショー2017」直前の【特集】。最終回の今夜は軽自動車・小型車メーカーである、ダイハツ工業株式会社とスズキ株式会社です。どちらも毎回楽しいクルマを出展してくれていますね。

 

バブルの頃もそうでしたが、景気が上向くと、軽自動車も遊びゴコロ満載になります。たとえば軽オープンで話題になった「ビート(ホンダ)」カプチーノ(スズキ)」 AZ-1マツダ)」などはご記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

今や軽自動車はさらにシェアが高まっていますが、バブルの頃よりも技術的に進歩し、日常ユースはもちろん、商用ユースからレジャーユースとその幅を広げています。まさに、かつての登録車にあったジャンルをそのままコンパクトにし、軽の世界で再現しているわけです。そんな軽の世界を彩るコンセプトカーの中で、わたしが見たいと思っているクルマをいくつかご紹介します。

 

ダイハツ「DN」シリーズはリアル?

ダイハツは、コンセプトカー5台に「DN」という共通ネームをつけていますね。

f:id:Masa_S:20171012201509p:plain

f:id:Masa_S:20171012201529p:plain

f:id:Masa_S:20171012201553p:plain

でもそのうち上記3台は、どれも既に街中を走っていても不思議ではないほどに、デザイン的に完成度が高いと思いませんか?クロスオーバー、SUV、そしてハイトワゴンと、まさに登録車の世界の縮図のようで、おそらく市販も視野に入れているのでしょう。他にもEV商用車のコンセプトカーなど、見て飽きない展示になりそうです。

 

■スズキはやはり日本のメーカー

一方のスズキはどうかと言えば、こちらも相変わらず遊びゴコロくすぐる展示車です。

f:id:Masa_S:20171012202218j:plain

なんだか昭和の時代のちょっとファニーなロボット君のようなデザイン。さすがにこのまま市販は無いでしょうが、かつてはマイティボーイなども販売した実績を持つスズキだけに、どれくらいリファインして出してくるのか楽しみです。

f:id:Masa_S:20171012202334j:plain

これは一部でワイド版ハスラーと噂されたクルマでしょうか?デザイン的には明らかにハスラーのDNAです。しかし、この「XBEE」(クロスビー)と銘打ったシリーズは数種類あり、この小型車ハスラーは数種類になるのかもしれません。

いずれにせよ、わたしがスズキに賛辞を贈りたいのは、「ワールドプレミア」が「ジャパンプレミア」よりはるかに多いことです。日本のメーカーでありながら、世界初出展は海外モーターショーということも少なくない昨今にあって、初お披露目をきちんと日本のモーターショーでしてくれるのは嬉しいものです。もっとも、軽自動車というジャンルが日本国内向けだから、と言われればそれまでですがね。

 

以上、【特集】でした。明日からは通常盤に戻ります。よろしければ変わらずお読みいただければ幸いです。

小さな旅 第25回~広島の旅~

10月12日 木曜日 小さな旅第25回

 

こんばんは。

更新が遅れてしまいました。

 

さて、今夜の小さな旅は、関東を飛び出します。先日、出張で出向いた広島市は、わたしにとって実に3年ぶりでしたが、駅前もかなり再開発されていて驚きました。

 

地元の方とお話すると、広島カープの連覇とマツダの好調さが、広島という街全体を活気づかせているのだろう、とのこと。たしかに夜の流川や薬研堀あたりも、人がかつてより多く出ていた印象です。理由は何であれ、賑わうことは悪くありません。

f:id:Masa_S:20171012195037j:plain

広島駅を出るとすぐに目に付くのは、やはり広島電鉄の市電です。知らぬ間に新型車両も投入されたようで、新旧ツーショットを撮影しました。何か尋ねようと制服姿の職員の方に話し掛けると、とても気さくに広島弁で答えてくれるあたり、地方都市ならではの温かみは今も健在といったところです。

 

f:id:Masa_S:20171012195133j:plain

f:id:Masa_S:20171012195209j:plain

わたしは市電に乗らず、平和記念公園まで歩きましたが、ちょうどよい運動になります。そして平和記念公園に入ると、洋の東西を問わず、また老若男女問わず、深い祈りを捧げていました。写真では見づらいでしょうが、碑にはこう刻まれています。

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

そうですよね。戦争がいかに無意味で、いかに悲惨なものかを知りながら、歴史において幾度も繰り返されるのを見ると、人間の愚かさを思い知らされます。原爆という極めて酷い惨事に遭った唯一の被爆国である日本は、戦争の悲惨さを身をもって知り、戦後長きにわたり平和国家として歩んできたわけですから、今後もこの平和と繁栄が続くよう今一度こうした想いを胸に刻むことが大切な時期なのかもしれません。

 

そしてここで「忘れない3・11」に通じることですが、人間は時間とともに記憶が風化する生き物です。戦争という人災も、地震津波という天災も、我々に与えた過酷な試練という点で、本来は忘れてはいけないことですが、悲しいかな、忘れてしまいがちです。しかし、少なくとも、今ある「平凡な日々」がいかに尊いもので、いかに幸せであるのかということを、わたしは忘れないでおこうと思っています。これが、今月の「忘れない3・11」テーマに共通する想いです。

 

さて、さすがにしばらく歩くとお腹が減ります。お好み焼きや牡蠣のお店などはガイドブックにお任せするとして、わたしが好きなパン屋さんを一軒ご紹介します。

平和記念公園を出て本安橋を渡り、本通りに入ると最初の十字路(右手前にフタバ書店)を左折します。すると右斜め前方(小さな通りの角)にそのパン屋さんがあります。その名も「ワンコインベーカリー」。ほとんどのパンが108円(税込)で、種類もそれなりに豊富ですし、素朴で美味しいんです。わたしは高速バスや新幹線に乗る前は、ここでパンを買っていました。今回は「広島 珈琲あんぱん」なる商品を買ってみました。その名のとおりです、お勧めです!

f:id:Masa_S:20171012195305j:plain

 

最後になりますが、明日もまた平和な普通の日常が続くことを祈ります。

f:id:Masa_S:20171012195415j:plain

【特集】東京モーターショー企画 HONDA/MAZDA/SUBARUへの想い

10月11日 水曜日 【特集】

 

こんばんは。

本来、毎月11日は「忘れない3・11」を綴るのですが、今月は明日の「小さな旅」の中でその想いを一部書きたいと思っています。今夜は東京モーターショー2017の事前企画第3回目、ホンダ・マツダ・スバルについての個人的な関心を書きたいと思います。

 

■近未来コンセプトを示すホンダ

ホンダ技研工業は、2輪・4輪ともに、コンセプトモデル・市販予定モデル・市販モデルがしっかり出展される予定です。

やはりコンセプトモデルは近未来を予感させるワクワク感は、やはりモーターショーの一つの醍醐味です。その意味で、2輪・4輪とも各4種類のコンセプトモデルを示すあたり、立派だと思います。さらに現実味を帯びる市販予定モデルもあります。

列挙された名前を見る中で、”絶対コレは見逃せない”という市販予定モデルは(個人的には)ありませんが、逆に良い意味で期待を裏切る”掘り出し物”が見つかるかもしれません。広い会場内を歩きながら、”意外に良いかも”と思わせてくれるクルマに出会えることを楽しみにしながら見てみたいと思っています。

ちなみに市販モデルのシビックシリーズについては、あまり関心がありません。かつてのシビックのような、あくまで手を加える前提のベーシック車としての作りではなく、ゴテゴテなマシンになってしまっており、トヨタ「86」同様、名前だけ残った別物になってしまっている気がするからです。

 

マツダはゆっくり見てみたい

マツダはこのところモーターショーでも人だかりが多いです。企業の好調さを反映していますね。エンジンではSKYACTIV-Xが高い注目を浴びていますが、忘れてはいけないマツダのもう一つの技術、ロータリーエンジンも進化を続けています。

2012年に生産終了となった後も、地道に研究は続けられており、その進化したロータリーエンジン東京モーターショーで見られるそうです。その名も「RX-vision コンセプト」、スポーツカールックですから、市販時にはRX-9を名乗るかもしれませんね。

また、市販される予定の大型クロスオーバーCX-8も展示されるそうです。CX-3CX-5と販売好調なだけに、CX-8も気になるところ。ただ、日本で乗り回すにはややサイズが大き過ぎる気もします。購入にあたってはCX-5以下が無難だとは思いますが。

他にも、マツダの市販予定車・市販車も多く展示されるはずで、どれもこれも魅力がありそうな気がして、今から楽しみです。

 

■スバルはやや控えめ?

同じく北米を中心に好調な業績で推移するスバルは、その業績のわりにモーターショーの出展はやや控えめな印象を受けます。

元来、ラインナップが少ないので、やむを得ないかもしれませんが、まもなく発表されるBRZのMCモデル等が数台。それに次期型?インプレッサやXVのデザインコンセプト的な車両数台など、驚きはあまり感じられません。モーターショーなので、もう少し派手な演出があっても良いかもしれませんが、スバルという企業のイメージからも、これは手堅い選択なのかな、と思います。

個人的には、かつてあったレックスやサンバーなど、軽自動車のコンセプトカーなどあれば楽しめるのですが、どうやらそうした隠し玉は無さそうです。