MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

数字でアカデミー 第9回~495~

7月19日 木曜日 数字でアカデミー第9回

 

こんばんは。

いよいよ夏休み、という生徒たちが街中に増えてきました。すっかり気分は夏休みモードなのかもしれません、大人はまだそうじゃないですが。

 

今夜の「数字でアカデミー」は、数字が苦手な子ども、何か題材を探している子どもにもネタになる魔法の数字をご紹介します。キーワードとなる数字は495です。アカデミーというよりは数字雑学ですね。

 

①頭の中に、任意の3桁の数字を思い浮かべてください(3つの数字は異なるもののみ)

②その3桁の数字を、数が大きい順に並べ替えてください(A)

③同様に、数が小さい順に並べ替えてください(B)

④A-Bを計算してください

⑤④で出た数字について、何度か②~④の作業を繰り返してください

 

実際に任意の数字を使って検証します。わたしが思い浮かべたのは637です。

A=763、B=367ですから、A-B=396です。

同じ作業を繰り返すと、

A=963、B=369ですから、A-B=594です。

同じ作業を繰り返すと、

A=954、B=459ですから、A-B=495です。

同じ作業を繰り返すと、

A=954、B=459なので、もはやエンドレスで同じ数字が登場しますね。

 

念のため、別の3桁数字108を使ってみます。

A=810、B=018ですから、A-B=792

A=972、B=279ですから、A-B=693

A=963、B=369ですから・・・先の637の例と同じ結果になりますね。

 

これ、どのような数字でも同じ結果になり、最終的には495が登場するのです。

 

整数の桁を並べ替えて、最大にしたものから最小にしたものの差を取り、この操作によって等しくなる数をカプレカ数と呼びます。

カプレカ数には、495, 6174, 549945, 631764, 63317664, 97508421, 554999445などがあり、いずれも9の倍数であることが特徴です。

 

アカデミーなんて大それたものでは無いですが、数字を使ったちょっとしたマジックの感覚で、親子や友達と試して遊ぶには良い雑学かもしれません。

他にも数字を調べると、面白い数字があります。是非調べてみてくださいね。

小さな旅 第56回~人生ゲーム~

7月18日 水曜日 小さな旅

 

こんばんは。

暑い3連休も終わり、お盆休みまでの1か月弱に向けて仕切り直しという方も多いでしょうか。その一方で、既にお盆休みの行き先が決まっていない方もいますよね。

今夜の「小さな旅」、タイトルをご覧になって、わたしが間違ったのではないか、と勘繰られた方もいらっしゃるかもしれませんが、間違いではありません。

今夜は、行き先が決まっていない方も手軽に楽しむことができる、小さな旅の話です。

 

今年は東名高速道路の「東京IC~厚木IC」間、「富士IC~静岡IC」間、「岡崎IC~小牧IC」間が開通して記念すべき50年目の節目です。

同じく1968年、50年前に、人生のイベントを題材にしたボードゲームの王道、「人生ゲーム」が発売され、今なお根強い人気を誇っています。

 

同じ50年の節目を迎えた両者がタッグを組んだ「50周年アニバーサリーキャンペーン ~『人生ゲーム』日本発売50周年×東名誕生50年」が、7月13日より開始されました。

スマホ向けアプリ「わくわくハイウェイ」のダウンロード、またはLINEで「みちまるくん@」の友達追加、いずれかを行い、配信されたクーポンを、所定のSA・PAコンシェルジュに提示すると、東名高速と新東名高速を舞台としたオリジナルの東名高速道路誕生50周記念版 人生ゲーム」(A2判四つ折りパンフレット)が貰えます。なお、55,555人限定のため、希望の方はお早めにどうぞ。

あとは市販の人生ゲームのコマやルーレットを使えば、東名高速道路と新東名高速道路を舞台にした、オリジナル人生ゲームが楽しめるという仕組です。

 

また、足柄SA上り(7/28と7/29)、牧之原SA上り(8/4と8/5)では、巨大な人生ゲームが出現(いずれも正午~16時)。自分自身がコマとなって、ボード上を歩いてプレイできる、リアル人生ゲームが体験できます。

日帰りでSAを楽しみ、リアル人生ゲームを体感し、貰ったオリジナルボードで夜は家族で人生ゲーム、まさに高速道路と人生ゲームをフルで満喫できる企画です。

 

どこに行こうか決まらないけど、子どもはどこか行きたいというとき。クルマに乗って東名高速に出掛けてみてはいかがでしょうか。

くれぐれも安全運転には気を付けてくださいね。交通事故で1回休み、といったリアル体験は誰もが望みませんから。

乗り物 第77回~時差Biz~

7月17日 火曜日 乗り物第77回

 

こんばんは。

今夜の「乗り物」では、東京都が取り組む混雑緩和策時差Bizの各社取組です。昨年より始まったこの取組は2年目を迎えます。

鉄道各社の具体的な取組策を調べてみましたので、関係する路線を利用の方は、この取組に参加し、メリットを享受してみてはいかがでしょうか。

 

■ JR東日本

・中央線・総武線利用者にJREポイントプレゼント

・山手線エリア内のベックス・ハニーズバーJRE POINT5倍

・山手線エリア内のマクドナルド限定クーポン配信

 

■ 東武鉄道

スカイツリーライナー・TJライナーチケットレスサービス利用者にポイント30%

 

■ 西武鉄道

・平日、所沢・保谷石神井公園からS-TRAIN利用者に、夏の快適グッズプレゼント

駅ナカコンビニ「TOMONY」での特定商品割引、プリンスポイント付与等

 

■ 京成電鉄

時差Bizに特化したサービス等は無し)

 

■ 京王電鉄

・時差通勤で新宿・渋谷駅の専用端末にPASMOタッチで、東急10ポイント付与

・タッチ回数に応じてボーナスポイントも付与

 

■ 小田急電鉄

時差Bizに特化したサービス等は無し)

 

■ 東急電鉄

田園都市線で早起き時差通勤すると、東急50ポイント付与

東急線アプリで毎日配信される「グッチョイクーポン」でお得に買い物ができる

(朝は電車定期券で東急バスも乗れる)

 

■ 京急電鉄

時差Bizに特化したサービス等は無し)

 

■ 東京メトロ

・「東西線早起き部」として参加者に抽選で特典プレゼント

・「とよすプロジェクト」ではメダルを貯めて景品と交換、駅冊子で店舗特典あり

 

■ 都営地下鉄

ToKoPo早起きボーナスポイント付与

・抽選で豪華景品が当たるキャンペーン

 

■ つくばエクスプレス

時差Bizに特化したサービス等は無し)

 

各社、混雑緩和に向けた臨時列車の増発や、分散乗車への誘導など、本来の時差Biz取組を実施しています。詳しくは各鉄道会社のHPを確認してください。

【特集】歌謡曲 第45回~デビュー35年 チェッカーズ~

7月16日 月曜日 【特集】

 

おはようございます。

通常、月曜日は「時事の戯言」でひとりボヤきを展開しますが、連休の最終日に朝からボヤくのも良くないので、【特集】として、過去の月曜日テーマであった「歌謡曲」を書いてみたいと思います。「歌謡曲」としては通算45回目となります。

 

さて、近年は夏になると、超大型の音楽番組が民放各局で組まれますが、最初から最後まで見ているのは正直キツいです。今の時代の便利なところは、すぐにYoutubeでアップされているため(著作権上の問題はあるかもしれませんが)、気になった歌手の曲だけを効率よく再生することができますね。

土曜日に放送されたTBSの音楽の日 2018」ですが、新聞のラテ欄を見ていて、藤井フミヤさんがチェッカーズの曲を歌うとあったので、気になっていました。

早速Youtubeで探してみると、ありましたね。

 

チェッカーズは福岡県から上京し、デビューしたのが1983年です。つまり、今年が35年の節目です。解散したのが1992年ですから、既に解散後26年を経過していますが、残念ながら未だに再結成の動きは見られません。

その間に、ドラマーの「クロベエ」こと徳永善也が舌癌のために40歳の若さで亡くなり、悲しいことに、葬儀をめぐってメンバー間の確執が露呈してしまうなど、もうあの日のチェッカーズの姿を見ることは叶わなくなってしまいました。

 

それでも35年、何か起きないものかと個人的には期待していた中、藤井フミヤさんがチェッカーズの曲を歌うとあり、その選曲に注目していたのです。

番組では、「I Love You,SAYONARA」に加え、「夜明けのブレス」が歌唱されたのですが、この「夜明けのブレス」は藤井フミヤ作詞で鶴久正治作曲です。鶴久さん・高杢さんと、藤井フミヤさんとの関係が悪化したと言われていた中、その鶴久さん作曲のこの歌を歌唱したことに、わたしは少し驚きました。

 

藤井フミヤさんのキャリアを考えれば、たとえ視聴者が聞きたいと思っても、局からの打診に対して自分の意見を通すことも可能でしょう(実際は知りませんが)。

しかし、鶴久正治さん作曲の歌をテレビで歌った姿を見て、少なからず雪解けが進んでいるのではないか、どこかで35年目の突然の再結成があるのではないか、と勝手に妄想を膨らませる自分がいるのです。

 

「都会で大事な何かを無くしちまった」かもしれない彼らを纏った暗闇が徐々に薄れ、「夜明けの」時期が来て、天国へと旅立ったクロベエの前に「星屑のステージ」を披露してくれないか、と淡い期待を抱かせる、そんな6分ほどの歌唱でした。

フミヤさんの歌声は、今も衰えていません。

今年も残り半分ほど、チェッカーズの35年目の再結成を期待したいです。

今日は何の日?~7月15日編~

7月15日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

暑いです、朝から。寝苦しい夜で体調崩されていませんか?

さて、日曜日テーマ「今日は何の日?」ですが、

 

7月15日 = ファミコンの日

 

です。ファミコン!わたし前後の世代には必須アイテムであり、懐かしくもありますよね。1983(昭和58)年のこの日、任天堂が発売した家庭用ゲーム機、ファミリーコンピュータを略してファミコンですが、それから35年が経ちました。

暑い夏、網戸の横で扇風機を回しながら、ランニングシャツ姿でファミコンをしていると、「外行って遊びなさい!!!」と叱られましたっけ。当時は家で遊ぶのはダメ、子どもは公園で元気に走り回れと言われたものです(田舎だからか?)。

結果、炎天下に虫かごと網を持って虫取りをするか、木の茂みに秘密基地を作って遊ぶとか、開放されていたプールで泳ぐか、いずれにしても屋外が主流でした。

 

そんな時代に、家庭で手軽に遊べるファミコンが大ヒットしたことは、世代を問わず知るところですから、いかに大ヒット作だったかは説明不要でしょう。

わたしは最初、親戚宅にあったファミコン「ポパイ」「ベースボール」「テニス」というオーソドックスなゲームをプレイしていましたが、新しいもの好きな母親がクリスマスに買ってくれて、我が家にも早めにファミコンが導入されました。

ダックハントでは画面を飛ぶ鴨を専用の「ガン」で撃ち落としたり、エキサイトバイクでは難度の高いコースを作ったり、けっきょく南極大冒険では平和に遊んだかと思えば、アイスクライマーでは画面からの消し合いでケンカしたりと、語り出せば思い出は尽きません。ドラゴンクエストⅢ」を最後に、わたしは一時期ゲームを離れましたが、大学合格して一人暮らしを始めてからは、プレステに移行しました。

 

今はPCゲーム、携帯型ゲームなど、プレイしたいゲームに応じてハードを選んでいますが、「ファミコンミニ」を並んでゲットしたのは、やはりかつての思い出に浸りたいからでしょうね。そう言えば、一時販売停止になっていた「ファミコンミニ」は再販されたようですが、人気の程はどうなのでしょうか。

 

長くなりましたが、今日は「ファミコンの日」でした。

気になるニュース 7月7日~7月13日

7月14日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

天気予報を見るのが嫌になってきましたね。場所によっては38度、あるいはそれ以上とも言われる最高気温が今後数日並ぶようで、見るだけでも疲れます。とりわけ被災地域の方々は、既に心身のお疲れもある中、暑さが迫っています。熱中症に注意されるとともに、”病は気から”です。前向きな気持ちを持ってください。

さて、そんな今週の「気になるニュース」です。

 

■「そうめんは『氷水』に入れちゃダメ!」(JCASTニュース 2018年7月13日)

かくも暑いと食が細りがちで、昼食時にステーキや焼肉のメニューを見ても食指が伸びないのは、わたしが年を取ったからでしょうか。

反対に、涼し気な器に盛りつけられたそうめん喉ごしも良さそうで、美味しそうに見えるものです。その”涼”アピールで氷水が入っていることもしばしばですよね。

地域差や正しい食べ方があるのか、記事に登場するソーメン二郎さん(専門家)、および揖保乃糸で知られる製麺業者ともに、油をとるために氷水で締めてからはざるに乗せて食べることを勧めています。その理由として

・長時間水に浸すと水分を吸収し、そうめん本来の味や食感を損なうこと

・麺つゆも薄れてしまうこと

を挙げています。たしかに理には適っていますよね。氷水に浸して食べる家庭に育ったわたしにとっては、目からウロコでしたが、皆さんのご家庭ではいかがでしょうか?

 

■「熱中症か、高校体育祭で3人搬送」(MBS 2018年7月13日)

これだけ報道で「暑い」「熱中症に注意を」と呼びかける中、滋賀県大津市高校で行われた体育祭で、熱中症と見られる生徒3人が緊急搬送されたそうです。

学校によれば、少なくとも生徒12人が、手足のしびれや過呼吸、嘔吐などの症状を訴えているそうで、午後の部や部活動は中止し、全員下校となりました。

これ、個人的には学校に落ち度あると思いますよ。昔から体育祭は春か秋が一般的です。気候の良い時期に身体を動かす、暑い夏や寒い冬は避けるものです。しかもここ数年、日本の気候は確実に変化しており、真夏の屋外活動は危険を伴います。

そんな中で(テスト後で日程的に組み込みたかったのかもしれませんが)体育祭を強行するという判断自体、いかがなものかと思うのです。

と同時に、様々な要因が絡まって真夏開催となる2020年の東京オリンピック、本当にこの時期に行うのか、わたしは相変わらず疑問を抱いています。選手や観客らの健康被害による医療機関の混乱、各地で発生する可能性のある異常気象やそれに伴う自衛隊の派遣、その隙をつくテロや犯罪への対処の薄れなど、日本全体が混乱する最悪の事態を想定しているのか、甚だ疑問を感じるのですが。

 

■「学校プール全廃の自治体も」(ハフポスト 2018年7月12日)

だいたい(地域差はあるでしょうが)6月頃~9月あたりに行われるのが学校の水泳授業ですね。学校の一角にあるプールから聞こえる笛の音や、生徒らの水しぶきの音など、それはそれで夏の風物詩と言っても良い、お馴染みの光景です。

しかし今、そんな光景が失われようとしています。老朽化が進み、改修コストが嵩む中、学校の自前プールを廃止して、近隣のスイミングスクールを利用する動きが広がりつつあるというのです。千葉県佐倉市の場合、30年で9000万円が浮く試算です。

神奈川県海老名市では既に、市内小中学校のプールを全廃しているそうで、わたしが小中学生だった時代では想像できないスピードで色々なことが進んでいますね。

個人的には良いと思います。プールは1年の大半で利用されず放置されていることもしばしばで、その維持管理面を考えるとき、コストが高いですよね。一方で、スイミングスクールや公共のプールの場合、多くは屋内型で天候に左右されませんし、専門のインストラクターが教えることで質の向上も期待できるからです。

かつての夏の風物詩は、新たな元号の頃には見られなくなるかもしれないですね。

 

■「安芸南高校サッカー部員が結成した『掃除隊』」(BUSINESS INSIDER 2018年7月13日)

今回の豪雨では、多くの方が犠牲となり、また、避難生活を余儀なくされています。

そんな中、地元の高校サッカー部員らが「掃除隊」を結成し、地元のために一役買っているそうです。SNSなどで呼びかけ、自分の意思で動き、参加する。素晴らしい!!

前にも書いたと思いますが、もっともっと明るいニュース、心温まるニュースをメディアには伝えて欲しいんです。ロクでも無い大人、殺伐とした事柄、聞くだけで絶望的なニュースも多いですが、こんな素晴らしい子どもたちがまだまだたくさんいて、それをきちんと褒める大人がいて、そこには世代も性別も超えた交流があって。

彼らには本当にお疲れ様と言いたいし、褒め称えてあげて欲しいです。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。皆さん、本当に熱中症気を付けてください。

マニアな小ネタの世界 第61回~トランクス?ボクサーブリーフ?~

7月13日 金曜日 マニアな小ネタの世界第61回

 

こんばんは。

今夜は男性下着の話です。まずは、大手肌着メーカーの調査結果をご紹介します。

 

■ 調査結果

<ワコール 2016年>

①パンツを選ぶこだわりポイント

 第1位/履き心地  第2位/色・デザイン  第3位/通気性

②ポジションへのこだわり

 履き心地に拘る以上、重要なモノのポジションですが、1日に何回調整するか

 第1位/3回(25%) 第2位/0回(19%) 第3位/2回(18%)

③理想のポジション

 モノのポジションはどうあって欲しいか

 第1位/理想の位置(55%) 第2位/真っすぐ(20%) 第3位/動かない(15%)

 

グンゼ 2017年>

④パンツの種類別販売実態

 第1位/ボクサーブリーフ(41%) 第2位/トランクス(28%)

 富士紡ホールディングス(B.V.D)でも同様の傾向だそうです。

 

■ わたしの意見

2018年6月13日、「トランクス派の男性が迫害されているワケ」というやや物騒なDIAMOND記事が目に留まりました。

売り場の広さを見ても、かつて主流を誇ったトランクスは、ボクサーブリーフの後塵を拝しているといいます。上に示した販売実態を見れば、そのとおりでしょう。

記事では、トランクスが少数派であることの理由として、オヤジくささカッコ悪さを挙げているのですが、わたしはこの意見には異議があります。

再度、上の調査結果をご覧いただきたいのですが、男性が求めているのは、履き心地と表現しながら、モノのポジショニングがキッチリ決まっていることです。その意味で、ボクサーブリーフが優位に立つことは間違いありません。

日中、歩いたり動くたびに揺れると、正直なところ落ち着きませんよね。仕事や学業、スポーツに集中したいとき、そんなことに悩まされるのは困ります。だからこそ、一度収納すれば、ある程度その場に閉じ込めてくれるボクサーブリーフが重宝されるのではないでしょうか。

反対に、夜はいかがですか?本来モノは、伸縮自在にありのままでいたいのですが、それを昼間は自由を奪っているのです。夜くらいは解放してやりたいと思い、わたしは夜はトランクスしか履きません。特に夏の夜はトランクスに限ります。世の中の男性諸氏のご意見を聞いてみたいものです。

わたしの意見としては、昼間はやむなくボクサーブリーフを履いていて、その着用する時間の割合に応じてボクサーブリーフがトランクスに勝るため、販売にも影響している、という推察をしているのですが。

 

■ オマケ

面白かったので、同僚との酒の席で男性にアンケートを取ってみました。ボクサーブリーフを履くときの収納ポジションです。わたしもそうですが、上向き収納多数派でした。その理由として、下向き収納デメリットがあります。

・自由にすると、真下を向くが、左右いずれかに寄せなければ収まらず面倒

・特に夏場は蒸れるので、タマとモノを分離しておきたい

・ボディラインに沿ったスラックスを履くとき、下向き収納はシルエットが悪い

いずれもわたしは納得できるものでした。

これを見ても、結構皆さん、無理をして上向き収納させ、ボクサーブリーフで固定させているという苦労の痕が見えますね。本音を言えば、ありのままにしておきたいのでしょうから、決してトランクスが嫌いで迫害されているわけでは無いと思います。

 

う~ん、なんというテーマでしょうか。以上、「マニアな小ネタの世界」でした。