読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【1周年記念特集⑤】数字に纏わるエトセトラ~2500と4000~

5月25日 木曜日 特集

 

こんばんは。

今夜の数字は、25004000についてです。

 

「全長4.7メートル以下、かつ全幅1.7メートル以下、かつ全高2.0メートル以下、かつガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下」に該当すれば小型乗用車、つまりは5ナンバー車になります。最近、すっかり3ナンバー車が増えましたが、上記基準のうち全幅や全高で基準値超過のために3ナンバーになっていることが多いです。

 

かつては3ナンバー=高級車であり、高級志向の強かったバブル期には、ボディサイズもさることながら、排気量も3000以上が続々と登場し、シーマ現象で高級乗用車市場を大きく突き動かした日産自動車は2代目シーマやレパード・J・フェリーで4100cc、セルシオ対抗馬のインフィニティQ45では、文字通りの4500ccを登場させるなど、大排気量がもてはやされる時代でした。

f:id:Masa_S:20170524194244j:plain<インフィニティQ45前期型>

ちなみに、このインフィニティQ45、巨大なボディに大排気量エンジン、さらには高級車の不文律を破るグリルレスフェイスなど、かなりチャレンジングなクルマでしたが、ほとんどのユーザーがなびきませんでした。でもわたし、後期型のインフィニティQ45については結構カッコいいと思っています(今でも)。

f:id:Masa_S:20170524194500j:plainインフィニティQ45後期型>

インフィニティQ45について写真が載ることなんて滅多に無いでしょうから、せっかくなので載せておきます。前期型からこのデザインで出していれば、セルシオをもう少し苦しめることができたかもしれないと思うと、残念です。

 

また、当時は2500ccというのも流行りました。税金区分上、中間値となる2500ccができたのがキッカケでした。

高級志向の時代にあって、3ナンバー欲しいな!でも、マトモな3ナンバーだと税金高いし、ボディサイズも大き過ぎて取り回しがしづらい(あるいは、上司よりデカいクルマはまずいな・・・なんてこともあったかもしれません)。

そんな痒い所に手が届くクルマとして、アッパーミドルサイズの車種に2500ccを搭載することで、3ナンバーが大きく増えました。

アッパーミドルクラスと言えば、マークⅡ/チェイサー/クレスタやローレル、それにインスパイアあたりでしょうか、よく売れましたからね。

 

その後、長引く景気低迷で燃費重視になると、大排気量はむしろ冷遇されます。今は少し揺り戻しが来ていて、かつ走りも追及する中で、ダウンサイジングしたエンジンに過給機を添える形が増えてきています。

 

かつてもてはやされた25004000が脚光を浴びる時代は、おそらく来ないと思いますが、今後どのような排気量が流行るのでしょうね。

【1周年記念特集④】数字に纏わるエトセトラ~1 と 25~

5月24日 水曜日 特集

 

こんばんは。1周年を記念した特集の第4弾、今夜からは数字に纏わるお話です。

1周年、250記事、4000アクセス。これらの数字に因んだ内容で、今夜は1と25を取り上げたいと思います。

 

今夜は、1と25についてです。

わたし、先日、健康マスターなる資格を取得したのですが、その中で初めて知ったことがあります。人の体内時計は、本来125時間のリズムなので、自然にしていると毎日1時間ずつずれてしまうのだそうです。そのずれを修正しているのが太陽の光、つまり朝陽です。朝、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、それから約15時間後に眠気がくるような仕組みが人体にはあるのだとか。

 

ということは、本来の体内時計を無理やり1時間ずつ修正しながら生きている、人体から見れば不自然な生活を強いられているわけですね。

もちろん、朝陽でリセットされるから問題ない、というお話なのでしょうが、それにしても誰が1日を24時間と決めて、定着してきた経緯も含め知りたいものです。

 

古代の生活は、きっと太陽と月を目安に生きていたのでしょうが、現代には1日は24時間という決め事も、人工的な光も、その他働き方の変革もあり、体内時計に相当な無理を生じさせている要因もたくさんあるはずです。

 

健康は何より大切なものです。無理に8時間寝る必要は無いですが、体が快適に動く程度の睡眠時間はきちんと確保する必要があると思います。

 

今夜は1と25について、でした。

 

 

【1周年記念特集③】アクセスランキング第1位

5月23日 火曜日

 

こんばんは。

いよいよ今夜は、ブログ開設から1年のうち、最もアクセスが多かった記事の発表です。わたし、正直意外でした。その記事がコチラです。

 

<働き方 公務員も人手不足 2016年7月27日記事>

このブログの中では、数少ないお堅いジャンルです。まさかの栄えある1位が、”働き方”になるとは夢にも思っていませんでした。

しかし、裏を返せば、それだけ”働き方”に疑問や不満、悩みをお持ちの方が多いということでしょうか。今後も少しずつですが、”働き方”について書いていきたいと、気持ちを新たにしたところです。

 

さて、その記事の内容は、とある駅の一角で、地元の警察署が”警察官募集説明会”をしていた、という話でした。その後も数回、同様の光景を見ていますが、相変わらずガタイの良さそうな、通りすがりのお兄さんに警察官がスカウトをしていました。

それだけしても何度も募集していることからして、難航しているのでしょうね。

 

そのときの記事にも現役警察官の声を少しご紹介しましたが、やはり厳しく辛いお仕事ですし、危険と隣り合わせでもあるは事実です。しかし、まさに公務員として、地域や住民の安心安全な生活を守ってくれているのですから、感謝しなければなりませんね。

 

ちなみに、警察官のみならず、地方公務員なども人手不足は深刻な模様で、総合ガイド制作委員会」が掲載している「公務員試験総合ガイド」を見ると、あらゆる公務員の中途採用に関する情報が網羅されています。

かつて公務員は採用年齢制限もありましたが、いまや何歳でも可能性があるところもあるようで、民間に見切りをつけたい方には一つの選択肢になることでしょう。

今後、2020年あたりを境に、世の中の景気も下降曲線に入るという人もいます。そうなれば、より雇用の安定を重視した公務員志向が強まる可能性もあるわけで、少し前に転職を図ることもアリではないでしょうか。

 

記事リンク ☞ 公務員も人手不足 - MASA日記

 

明日は、数字「4000」にまつわる話を書いてみたいと思います。

【1周年記念特集②】アクセスランキング第2位

5月22日 月曜日

 

昨日からお届けしております、ブログ開設1周年記念特集。

今夜はアクセスランキング第2位の記事をご紹介します。

 

<乗り物 第8回~上野駅13.5番線~ 2016年12月8日記事>

意外にも鉄道ネタが第2位にきました。

JR東日本が誇る豪華クルーズトレイン「四季島」の概要が判明したのを受けた記事で、その発着に、かつて貨物輸送に利用されていた上野駅の13番線と14番線の中間にある、いわば13.5番線ホームが整備利用されることになった、という話題でした。

 

あれから半年弱を経た先日5月1日、「四季島」は予定通り運航を開始しました。3月時点で11月まで予約で埋まっている状況ですから、いかに人気が高いか分かると思います。3泊4日のコース(北海道登別、新潟等)の料金95万円/1人を筆頭に、いずれも高価な列車の旅なので、経済的な余裕のある方しか乗れませんよね。

そんな「四季島」を一目見ようと、案の定、5月1日には撮り鉄上野駅に殺到しました。しかし、そんな喧騒と、撮り鉄のフラッシュに囲まれては豪華な旅も台無しです。そんなことはJR東日本も織り込み済みだったようで、13番線は乗客と関係者以外の立ち入りが禁止され、14番線側には高崎線宇都宮線の回送列車で目隠しするといった”粋な”計らいにより、見事に撮り鉄と雑音をシャットアウトしたそうです。幸運にも第1便のプレミアムなチケットを入手した乗客の方は、ホッとしたことでしょうね。

 

石川さゆりさんの名曲「津軽海峡冬景色」では「上野発の夜行列車降りたときから♪」と歌われ、井沢八郎さんのヒット曲「ああ 上野駅」では故郷に思いを馳せる場所として歌われた上野駅「四季島」発着が上野駅になったこと、今でも心から良かったと思っています。高くて乗れませんけどね(汗)。

 

記事リンク ☞ 乗り物 第8回~上野駅13.5番線~ - MASA日記

 

明日はアクセスランキング第1位を発表します。

【1周年記念特集①】アクセスランキング第3位

5月21日 日曜日

 

皆さん、おはようございます。

5月14日(日)をもちまして、お陰様でブログ開設1周年を迎えることができました。地味ながら、なるべく毎日の更新を心掛けるようにし、少しずつですがアクセス数も増加傾向にあります。拙いブログですが、読んでくださる皆様に、感謝申し上げます。

 

そこで、本日より土曜日まで、1周年記念特集を組んでまいります。初日の今日は、アクセス数第3位のネタを振り返ります。

 

<80年代少年③子どもは見ちゃダメ!なアレ 2017年2月14日記事>

スペシャルウィークと称した80年代振り返り企画でした。

エロを想像させるタイトルが奏功したか、堂々の第3位でした。そして中身はと言うと、「8時だヨ!全員集合」毎度おさわがせしますといった危険球を投げ続けていたTBSの話でした。地上波でよくもここまで・・・と思いますが、その体を張り、首を賭けた作り手の意気込みが、視聴者を釘付けにしたのでしょうね。

 

この記事を書いたおよそ1か月後、2017年3月15日に、志村けんさんの「だいじょうぶだぁ」(フジテレビ系列)に、ドリフターズの面々が顔を揃えていました。いかりや長介さんの通夜で顔を揃えて以来という面々は、高木ブーさんが既に80歳を越え、一番若い志村けんさんでも67歳とあって、さすがに年は取ったなぁと思います。

しかし、いくつか披露されたコントを見ると、やはり面白いし、息ピッタリ!

ネタとしてはかつてのものなのですが、ここでこうなるんだよね!と見る側が分かっていても笑ってしまう、完全な予定調和のお笑いで笑えるのだから、いかに筋書きがしっかりできているコントか、ということがよく分かります。

個人的に嬉しかったのは、寝台車コントでの一コマ。お婆さんに扮した志村けんさんが、寝ている乗客を巻き込んでのドタバタ劇なのですが、ほんの少しだけ声を発した高木ブーさんに向かって志村さんが発した「久しぶりに地声聞いたぞぉ!」「元気そうで良かったなぁ!」と、アドリブで声を掛けた場面。一時期は不仲説もあったメンバーでしたが、喜劇王たる志村さんが年長者3人をリスペクトしていることが垣間見れた場面でした。また、年齢を重ねたせいか、志村さんのお婆さん役が、よりリアルになっていて、年を重ねることによる深みが出ていたとも感じました。

そうは言っても、皆さん高齢になっています。4人が集まる機会を作り、今だからできる珠玉のネタを残して貰いたいと、ファンとして思う次第です。

 

記事リンク ☞ 80年代少年③子どもは見ちゃダメ!なアレ - MASA日記

 

明日はアクセスランキング第2位をご紹介します。

気になるニュース 5月13日~5月19日

5月20日 土曜日 気になるニュース

 

爽やかな五月晴れ・・・を超えて、今日は30度近い気温が見込まれる土曜日となりました。おはようございます!皆さんも熱中症、気を付けてくださいね。

 

第5位 「哺乳類はみんな『おしっこ21秒』の不思議」(毎日新聞2017年5月13日)

2015年、イグノーベル賞(物理学賞)に選ばれた研究成果。これが、哺乳類の排尿に要する時間は約21秒なのだそうです。勿論、人間もそうなのだとか。

なぜ21秒なのかという理由は、いまだ謎多き臓器・ぼうこうゆえ明かされておりませんが、21秒で排尿できるかどうかはバロメーターになりそうです。

ちなみにわたしが測ったところ、20秒。まだ平均的でした。トイレなどで並ぶと、ご老人の方が勢いが悪く長時間を掛けていて、中高生などはあっという間に終えてますよね。やはり、若い方が排尿時間も短いというのは間違いなさそうです。

なお、体が大きいほど尿も増えるから排尿時間も長いのでは?という疑問には、尿道も太く相応の筋肉も備わっているので、やはり21秒が平均だという研究成果だそうです。

 

第4位 「3代目が考案、家族を困惑させた『切腹最中』」(THEPAGE2017年5月13日)

東京は新橋にある老舗和菓子店「新正堂」さんに、ユニークな最中があるのだそうです。その名も「切腹最中」。同業が後継者不足で廃業を決めていく中、「新正堂」さんは現在4代目が店を継いでいます。和菓子屋が苦戦を強いられる中でバトンを繋いだ3代目は、非常にアイデアマンだったそうです。

その最たるものが、忠臣蔵でおなじみの田村屋敷(浅野内匠頭切腹した場所)の跡地に店舗を構えていたことに因む「切腹最中」。

商品化にあたり行ったモニター調査では、119人の回答中118人が商品名に違和感を示した中、3代目は家族の反対も押しきり、それこそ切腹覚悟!とばかりに商品化したところ、1日100個売れれば御の字と言われる和菓子が、取材日に4400個も販売されており、超大ヒット作品だと言って良いのでしょう。

守りではなく、攻めの姿勢を貫いた3代目とは違う性格のようですが、着実に腕を磨く4代目が、これからも「新正堂」さんを支えていくことでしょう。

 

第3位 「『10日に1度でも』声に押され店再開」(中日新聞2017年5月16日)

同じ老舗でも、こちらは一度は廃業した老舗の話題です。

長野県は伊那市にある創業七十年の老舗パン屋「月日夜(つきひや)」さんが、およそ半月ぶりに営業再開となりました。

高齢になり、後継者もいないために4月下旬に閉店したそうですが、地元の常連客を中心に再開を望む声が多く寄せられたそうです。中には「10日に1度でもいいから」と懇願する方もいたとかで、こうした声に後押しを受けたご夫妻は、「それならば」と体が動くうちは営業することを決めました。

商売をされる方にとって、この上ない喜びでしょうね。

休日を一日増やしたそうですが、今後も無理なく、息の長いお店になると良いですね。

 

第2位 「中曽根康弘元首相『白寿』を祝う会」(産経新聞2017年5月15日)

米国レーガン大統領、英国サッチャー首相、官房長官として支えた後藤田正晴氏、後任首相の竹下登氏や宮澤喜一氏などがこの世を去る中、ついに白寿を迎えた元首相・中曽根康弘氏のニュースを見ました。

わたしが小学生時代に総理大臣だったわけですが、今でも言葉が聞き取りにくいときはありますが、まだ頭脳は冴えているようで、変わらぬ改憲への意欲を示すなど、この日も登壇して話をされています。この日は政財界からも多くの重鎮がお祝いに駆けつけており、73歳定年制で引退をした後も、依然として大きな存在のようですね。

ちなみに、わたしは中曽根元首相、好きな政治家の一人です。

 

第1位 「ジャンプ台を走る!世界で最も過酷な400m走」(朝日新聞2017年5月16日)

5月21日、つまり明日ですが、札幌の大倉山ジャンプ競技場で開かれるのが、ジャンプ台の着地点からスタート地点を駆け上る「レッドブル400」という競技です。

最大斜度37度だそうですから、心臓破りの坂。明日は気温も高そうですから、病人が出ないことを祈るばかりです。わたしには絶対無理な競技です。

 

さて、このブログが開設1周年、さらには4000アクセス、250記事を超えました。明日からは、記念特集をお送りします。

マニアな小ネタの世界 第12回~東京メトロ乗りまくり~

5月19日 マニアな小ネタの世界 第12回

 

こんばんは。

今回は「乗り物」テーマにも関わるんですが、ちょっとお得なコチラを紹介します。

f:id:Masa_S:20170514071825g:plain

いきなり画像ですが、東京メトロが発行する、その名も東京メトロ24時間券」です。これ、とても使い勝手が良いですよ!

 

先日、仕事で都内をあちこち動くことがあったのです。

<1日目>

9:57 水天宮前→ 10:06 錦糸町 半蔵門線

11:52 錦糸町→ 12:00 水天宮前 (半蔵門線

12:18 人形町→ 12:21 秋葉原 (日比谷線

14:03 秋葉原→ 14:38 中野 (茅場町経由/日比谷線東西線

18:08 中野→ 19:05 和光市 (飯田橋経由/東西線有楽町線

<2日目>

6:34 和光市→ 7:17 新富町 (有楽町線

7:43 新富町→ 8:06 池袋 (有楽町線

9:25 池袋→ 9:52 水天宮前 (大手町経由/丸の内線半蔵門線

 

ICカード利用の場合、この移動に掛かる交通費は、すべてメトロ利用で1,678円です。

しかし、実際に使った交通費は、たったの600円です。

凄いのは、乗車券の名前にあるとおり、24時間券であるところ。この手の乗車券は、一日乗車券が多いですよね。日付で判断する。しかし、24時間券は、最初にメトロの改札から入場したときから24時間有効ですから、上記のように2日間にわたって使えます。

実際、当日も9:57までに改札を出なければいけない中、丸の内線にやや遅れがあり、最後は水天宮前駅を猛ダッシュしましたが、時間内に出場したためセーフでした。

 

本来掛かる運賃より1,078円もお得!だったわけで、メトロしか利用できないことに問題を感じなければ、とても良い乗車券だと思うので、ご紹介しました。

限られた時間で、メトロの路線網を駆使して、24時間を乗り切る。何かに挑戦しているようなゲーム感覚も味わえ、しかも合法ですから、1日をちょっと楽しく過ごす一つのアイデアかもしれません。